« 週末の朝食 | トップページ | ペニンシュラブティックのコーヒームース »

2010年2月 1日 (月)

冬野菜の鶏スープ煮

100156

冬の美味しい野菜をたっぷりと使った、体が温まるスープ。受験生にもいかがでしょうか?

<材料4人分>

  • ハクサイ・・・・・・・・・・・・・・・・150g
  • ダイコン・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4本
  • ニンジン・・・・・・・・・・・・・・・・100g
  • 干しシイタケ・・・・・・・・・・・・・3枚
  • インゲン豆・・・・・・・・・・・・・・5~6本
  • 鶏モモ肉・・・・・・・・・・・・・・・・200g
  • 昆布だし・・・・・・・・・・・・・・・・800ml
  • シイタケの戻し汁・・・・・・・・・200ml
  • 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. 野菜とシイタケは食べやすい大きさに切る。鶏肉は一口大に切る。
  2. 鍋にだし汁とシイタケの戻し汁を入れて中火(レベル9)で沸かし、1の鶏肉を入れる。昆布も食べやすい大きさに切って入れる。
  3. 再び湧いてきたら、酒と塩を加えアクを取りながら20分煮る。ここで野菜を加え20分煮る。最後にインゲン豆を加え、しょうゆをさっとかけまわす。

100154

器とおそろいのキャセロールに入れて、食卓で取りわけます。
家庭料理がぐ~んとお客さま料理になりますね。

100153_2

100155_2 食卓に運ばれたキャセロールのふたを取ると、野菜がたっぷりと入った温かなスープ。
目の前で取りわけてもらうと、とても幸せな気分になります。
味はとてもシンプルだけど、体がホッと温まります。
家庭の味はホッとする味わいが良いですね。
さて、今日から2月です。
今日は都内の中学受験もあるようです。
ガンバレ受験生。

         *****************************************

              100144_2 花がたみのホームページ100144_2

Top_image

          今までのテーブルコーディネートの写真など掲載しています。
                 こちらもよろしければご覧ください。
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
               http://www.hanagatami-salon.com/

           100144_2東芝ネットワーク家電 フェミニティ倶楽部100144_2

91

 今週の東芝フェミニティ倶楽部は、バレンタインデーのテーブルコーディネートを掲載中。携帯電話からアクセスしてくださいね。
 お問い合わせ、ご質問はこちらからお願いいたします。

            *****************************************

   

|

« 週末の朝食 | トップページ | ペニンシュラブティックのコーヒームース »

IHクッキングヒーター」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スープ」カテゴリの記事

コメント

いなくみさん、こんにちは^^
急に寒くなりました、今日はお部屋で動きたくない~

シンプルな味ほど飽きがこないので美味しいでしょう。
野菜たっぷりのスープはほんとに冬にはもってこい。
胃にも優しく、身体も温まるしね。

器でも気分が変わりますね、白って特にいいわね。
このキャセロール持ってないの。
このシリーズ私もとっても気に行っています

投稿: SATOKO | 2010年2月 2日 (火) 12時57分

SATOKOさん、こんにちは。
今朝、起きてみたら雪が少し積もっていました。
そちらはとても寒そうですね。
SATOKOさんがお部屋から動きたくないなんて
きっと想像を超えて寒いのでしょう。ブルブルsweat01

SATOKOさんとおそろいのナルミのお皿。
私もこのシリーズ大好きです。
キャセロールも大好きで、壊さないように
お酒を飲んだときは、洗うのは朝にしています^^;

投稿: いなくみ | 2010年2月 2日 (火) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/47448216

この記事へのトラックバック一覧です: 冬野菜の鶏スープ煮:

« 週末の朝食 | トップページ | ペニンシュラブティックのコーヒームース »