« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

杉原潤さんの器に盛る

091017
美しい白磁に盛りつけたのは、キュウリとカニカマのマヨネーズ和えです。
何気ない冷蔵庫にいつもある食材でも、器でおしゃれに変身します。

<材料2人分>

  • キュウリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
  • カニカマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
  • すりごま・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • マヨネーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

<作り方>

  1. キュウリはスライサーで薄切りにする。カニカマは食べやすい大きさに割いておく。
  2. 1をボールに入れてマヨネーズで和える。器に盛り付けてすりごまをかける。

*****************************************

今週、Ma by So Shi Teさんで開催されました杉原潤さんの作品展を見に行きました。
091015

杉原さんの作品を拝見するのは今回で3回目です。
どんどん生活に密着した器が多くなりました。
右の写真(携帯では上になります)は使い勝手がよさそうなお皿です。マットと箸置き、箸をお借りして、記念写真を撮らせていただきました。
凛とした美しさに、ほっとするような可憐さが魅力的です。
091018 私が求めたのは小さい小鉢です。料理を盛り付けて食卓にのせると、俄然その美しさを発揮してくれる小鉢です。
白磁の持つなんとも言えない美しさではありますが、何気ないお料理を盛っても、すっと我が家の食卓になじんでくれました。
杉原さんの器に対する心が伝わってきて、とてもうれしくなりました。

091017_2

この写真は、最近のお料理写真の中で一番のお気に入りになりました。
杉原さんありがとうございます。

091019
そして、Ma By So Shi Teさんの店内で見つけた寄木のストラップ。
とても手触りがよくてこちらもお気に入りです。

今週はハードスケジュールでしたが、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
ありがとうございました。
今日は一日仕事がいっぱいです。
元気で頑張ろうと思います。皆さんは週末、ほっと一息ついてくださいね。

*******************************************

東芝ネットワーク家電の携帯電話サイト、フェミニティ倶楽部ではテーブルランナーの上手な使い方を掲載しています。
携帯電話からご覧ください。

90

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

戻ってきたパソコン

091011

091012修理から戻ってきた私のパソコンとデスクまわりです。
数年前に姪からもらったディズニーランドのお土産、ミッキーの箱にはUSBケーブルなどが入っています。
左のケースには手帳や携帯電話、カメラ、ペン類、名刺など仕事道具を入れています。
デスクの下にボックスを置いて、新聞の切り抜きやDMをノートに張ったもの、今必要な資料などがあります。
狭い部屋なので、すべてコンパクトにデスクまわりを整えています。
BGMは有線のクラッシック音楽をかけて、リラックスしながら仕事をしています。
これが私の仕事環境です。

そして、顔面蒼白のあの日の出来事は今でも忘れません。
いつものようにパソコンを立ち上げてみたら、電源がほとんど充電されず、残り少なくなってきました。
慌てて、量販店に持っていったところ、修理するにはすべての情報が消されます、とのことでした。
実はバックアップ中の出来事だったので、気が遠くなりました。
とりあえずパソコンは持ち帰り、メーカーさんのPCサポートセンターに連絡をして修理をお願いしました。
気も動転する私に、とても親切に応対をしていただき、救われたような気がしました。
お預けしたパソコンは、アダプターと一部ハードディスクの故障が見られました。
自分でバックアップをすると、どうしても固まってしまうので、やはり専門の方にバックアップをお願いして、それからハードディスクの交換をしていただきました。
パソコンのない生活は、私にはとても快適で、家の中の整理をしたり、レシピや写真を撮らないお料理を作ったりしながら過ごしていました。
091013 091014
ちょうど夏物の整理に良い気候です。がんばろーと思って、もう何年も着ている夏のワンピースを手洗いして、アイロンをかけました。
来年またよろしくねの意味を込めて丁寧にアイロンをかけました。
お昼ごはんは相変わらずおそばを食べています。
この日のおそばは種もので、鳥なんば。鶏肉とねぎのおそばです。

パソコンがなく、そして毎日ウォーキングをしていると、データーがなくなるかもしれないという不安は、秋の澄んだ青空を眺めていると、不思議に形のあるものは必ずなくなるという思いを強くしました。
もし万が一、データが全部なくなったとしても、また一から作り直そうと心が強くなります。
不思議だな~

そして。
10月の中ごろ、パソコンもデータをコピーしていただいたHDDも帰ってきました。
なんだか懐かしく、ちょっとうれしい気持ちになりました。
お蔭様でデータはすべて復旧していただき、今度はデータをパソコンに戻す作業に入りました。
手順書を読んで作業を始めたけれどすごく不安が残り、遠隔支援サービスにお願いして、遠隔操作をしながら、データをパソコンに戻していただきました。
その間約2時間半、電話で色々とわからないことを質問しました。
マイコンピューターの見方や、ハードディスクの容量についてなど、とても詳しく教えていただき、これからはわからないことがあったときは、すぐにサポートサービスに電話をしようと思いました。
これはどのメーカーさんでも力を入れていることと思いますが、ユーザーにとってありがたいサービスだと思います。
本当にサポートセンターの皆様ありがとうございました。
お蔭様で快適なPCライフを過ごしております。

*******************************************

東芝ネットワーク家電の携帯電話サイト、フェミニティ倶楽部ではテーブルランナーの上手な使い方を掲載しています。
携帯電話からご覧ください。

90


| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年10月25日 (日)

初めての試み

091009 

西島隆氏作陶展が11月5日~11日、渋谷東急本店工芸品ギャラリーで開催されます。(写真の料理はタントタントの料理です)

091010まだ夏の暑いときに、西島さんからDMの撮影をアドバイザーとして見に行ってくれませんか?とのメールをいただきました。私は喜んで参加させていただきました。
最初に西島さんから送られてきた器とマグカップの写真に、激しい感動を覚えました。
洗練されたこの美しさに、アドバイザーとして何をしたらよいのでしょう。。。。
この日から心臓がバクバクと震えました。
ウォーキングをしながら大きく深呼吸をして、私はやがてやってくる秋を体で感じ始めました。
11月は晩秋、美しい紅葉を心に描き、大好きな京都、大原三千院の敷き紅葉を思い出しました。
5年間住んだ京都下鴨の地で、何度大原を訪ねたことでしょう。
晩秋から雪降る冬の季節がまことに美しい大原でした。
印象的な寂光院。
吉川英治の平家物語を思い出し、建令門院徳子の哀れを思い、色々な情景が溢れ出てきました。
西島さんの器は黄瀬戸のイチョウ模様が美しい楕円の器、そして、モダンな織部のマグカップです。
和モダンの中に、タントタントのイタリア料理の共演。
私は、美しい日本の晩秋を和紙で表現しました。

そして、送られてきたDM。
091008_2
器とマグカップがとても美しく撮られていました。
私もとてもうれしく思いました。(西島さんから送られたDMをスキャニングしました)

西島隆作陶展
11月5日(木)~11日(水)
渋谷東急本店 8階工芸ギャラリー

[西島隆の器とタントタントの料理の共演]  
お問い合わせは東急本店工芸品売り場 ℡03-3477-3857まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

鶏団子とダイコンの煮物

091007

ご飯にも酒の肴にもおいしい、ゴロゴロ入った鶏のお団子がふんわりやさしい味です。

<材料2~3人分>

A・鶏団子

  • 鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・300g
  • ゆず味噌・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

ボールに材料を入れて粘りが出るまでよく混ぜておく。

<煮物用2~3人分>

  • ダイコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・300g
  • サヤインゲン・・・・・・・・・・・・・・100g
  • だし汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・600ml
  • 薄口しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 濃い口しょうゆ・・・・・・・・・・・・大さじ1

<作り方>

  1. 鍋にだし汁を入れて沸騰したら、厚さ1cmに切ったダイコンをさらに半月に切って加え、10分ぐらい中火(レベル11)で煮る。
  2. 材料を混ぜたAの鶏団子をスプーンで小さくすくい1の中に入れる。アクが出たら取り除く。
  3. 薄口しょうゆ、濃い口しょうゆ、酒、みりんを加えて弱火(レベル7)で15分ぐらい煮る。ダイコンが柔らかくなったらサヤインゲンを加えてさっと火を通す。

091006

こちらの写真はお客様のときにいかがでしょうか?
取り箸を添えれば立派なおもてなし料理にもなります。
盛り付けは楽しいですね♪

*************************************

さて、今日使いましたゆずみそは、会津天宝醸造株式会社さんのおかず味噌シリーズのゆずみそです。
鶏のお団子にはいつもゆず味噌を使っています。鶏団子鍋にもおいしく、ゆず味噌は大活躍です。
それから鶏団子を作るときは水を少し多めに入れて混ぜ合わせると、ふっくらやわらかいお団子ができます。

091005

おかず味噌はいろいろなシリーズがありますので、よろしければこちらをご覧ください。

また、東芝ネットワーク家電の携帯ホームページ、フェミニティ倶楽部でも今週はダイコンと鶏の丸の煮物を掲載しています。

90

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年10月20日 (火)

栗ご飯の盛り付け色々と

091002

新米のおいしい季節には炊き込みご飯がおいしい!!そこで今回は栗ご飯を作りました。
物相(もっそう、ご飯の型)でかわいらしく♪

<材料3合分>

  • 栗・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500g
  • 米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2合
  • もち米・・・・・・・・・・・・・・・・・・1合
  • みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. 栗は鍋に少量の水を入れてふたをして中火で蒸すように煮て柔らかくなったらざるにあげて冷めたら皮と渋皮をむいておく。
  2. 炊く30分前にもち米とお米は洗い炊飯器で分量どおりの水加減にあわせておく。
  3. 1の栗とみりん、塩少々を入れて炊飯器で炊きます。

~ワンポイントアドバイス~
鍋は三層構造鍋を使います。なければ水をたっぷりと入れて茹でてください。
少量の水で蒸すとふっくらとした栗ができあがります。少し熱いうちに皮をむくとむきやすいですが、やけどの心配があるので、さめてからむきましょう。

091001

朝食用にはこんな感じでいただきました。栗ご飯とかき玉汁です。

**********************************************

091002_2

091004

091003_2

夜の食事はお酒を飲むことが多いので、一皿ずつ食卓にお料理を出していきます。
カナダ産の焼きマツタケと大根とにんじん、しいたけの炒め物と栗ご飯などでお酒を飲みました。
栗ご飯を盛り付けた器は杉原潤さんの白磁です。
杉原潤さんは10月17日~31日までMA By So Shi Teさんで展示会を開いています。
透かし模様がなんとも素敵な白磁のこの器は我が家で大活躍をしています。
展示会の会期中は杉原さんの器の盛り付け方などを、私のブログで皆さんにご紹介したいと思っています。
また、興味のある方はこちらからご覧ください。

*********************************************

さて、久しぶりの更新になりました。
パソコンの調子が悪くなってから、今日まで皆さんにご心配をしていただき、本当にありがとうございました。
お蔭様でデーターもすべて無事に戻り、今日からまたいつもの生活が始まります。
ブログを更新していない間も、たくさんの方々にブログを見ていただいて本当に感謝いたします。
皆さんありがとうございます。
これからも、冷蔵庫にあるいつもの食材を使って簡単にできる料理と、家を楽しむエッセンス、日本の伝統文化を伝える方々のご紹介を中心にブログを作っていきたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
最後にパソコンを懸命に直していただいた皆様にも感謝いたします。
パソコンについては、また後日改めまして感想を書きたいと思います。
今日は両親のところに行き、夕方からクリスマスの仕事の打ち合わせをします。
今日も一日張り切って過ごします、皆さんも素敵な一日でありますように♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

IT見本市シーテック

IT見本市シーテック
IT見本市シーテック
10月10日、幕張メッセで開催されたシーテックに行ってきました。
いつもお世話になっております東芝さんの高性能インターネットケータイ、dynapocketを見たいことと、それから、私が目指すエコレシピのヒントを探がすのが目的です。
接点がなさそうに見える事柄も説明員さんのお話を伺うと、私のやりたいことのヒントがたくさんありました。

まだ発売はしていないそうですが、dynapocketで撮った写真をPCに接触?させるだけで、写真が取り込めるPCも開発中だそうです。
また、クラウド対応のフォトブックも作れるそうなので、これから研究しなければなりません。

例えば、冷たい水を飲むためには、冷蔵庫を無意識に開けるように、エコレシピも皆さんが無意識にエコに貢献できるように、ITを勉強しながら、研究していきたいと再認識いたしました。

また、パナソニックのブースは、家まるごとのCO2排出量±0を目指す住宅に取り組んでいるそうです。エネルギーを作ったり、貯めたり、省エネしたり、夢のような提案でした。

私も明日につなげられる一日の体験でした。
携帯で写真を撮っていますので、不鮮明でごめんなさい。
***************************
東芝ネットワーク家電フェミニティ倶楽部では、体を温めるしじみのスープと秋のテーブルコーディネートを掲載しています。
携帯電話からご覧ください。
http://femini.net

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

台風が去って

台風が去って
日本列島に被害をもたらした台風も過ぎ去り、秋晴れの東京です。
土曜日から3連休だったのですね。

いつものようにウォーキングをしていたら、木々の間から清々しい雲が流れていきました。
少しの間、雲を眺めていたら、パソコンが壊れたことや、データが失われることが、ほんの小さなことに思いました。
自然って大きいなあ。
大きく深呼吸をして、今日もスタートいたしました。
台風が去って

2枚目の写真は秋明菊。(しゅうめいぎく)
美しい名前と可憐な花は台風の雨や風にも負けない健気さがあります、美しさに感動しました。
花言葉は忍耐だそうです。私の好きな言葉。
秋晴れの朝の爽やかなひとときでした。
そして、昨日は幕張メッセで開催されていたIT見本市に行ってきました。
その時の感想はまた、明日にアップしたいと思います。
今日も携帯からのアップでした。

今週の東芝ネットワーク家電フェミニティ倶楽部、携帯版ホームページでは、秋のテーブルコーディネートと温かいしじみのスープを掲載しています。
http://femini.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

カシューナッツと洋梨のサラダ

カシューナッツと洋梨のサラダ
旬の洋梨は白ワインにとてもよく合います。
前菜やサラダにしておいしくいただきたいですね。

カシューナッツと洋梨のサラダ
また、ナッツ類は良質な脂質やビタミン、ミネラルが豊富だそうです。
私は油でローストしていない煎ったものを求めています。
材料はトマト、キュウリ、洋梨、カシューナッツにレモンとEXバージンオイル、塩でいただきます。
洋梨の甘さとオリーブオイルのおいしさ、ナッツの香ばしさが白ワインによく合います。
ボジョレー・ヌーボーの季節にもお勧めです。

************************
今日は台風で雨や風に悩まされています。
私は今日一日は外出を控え、大好きな日本料理の本を読もうと思っています。
皆様もどうぞ今日一日を健やかにお過ごしくださいませ。
本日も携帯からアップいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

乳ガンリスク愛飲家は高い?

乳ガンリスク愛飲家は高い?
皆様にご心配をいただいておりますパソコンは、現在専門の方にバックアップをお願いしています。
バックアップが終わりましたら、ハードディスクの交換をして、我が家に戻ります。
まだまだ時間がかかりそうですので、少し料理やテーブルコーディネートから、離れて現在研究を進めていますエコレシピについて勉強をしていくつもりでおります。
基本に帰って和食の基本を学んだり、IT見本市「シーテック」でCO2排出量削減のヒントになるものを探しに行くつもりです。
パソコンのない生活は不便であっても私には快適な部分もあります。
レシピを作ろうといった考えにとらわれず、身の回りにある興味をひくことを勉強できるひとときは、また楽しいものです。

ところで題名にしました気になる記事ですが、お酒をよく飲む女性はお酒を飲まない女性より、乳ガンの発症率が高いと新聞に書いてありました。
まだ一度も検査を受けていないので、この機会に検査をしてみようかなと思います。
良いきっかけかもしれませんね。

さて、台風が近づいていますね。
皆様のお住まいも充分にお気をつけくださいませ。
私は懐中電灯をしっかりチェックしましたよ。
では、また携帯電話から、アップ致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »