« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

鶏肉の酒蒸しのスープから作る簡単スープ

~寒い日に体が温まるスープ~

☆冷蔵庫にある残り野菜で手軽においしいく☆

101

<材料 2人分>
✿酒蒸しから出たスープ
✿大根・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80g
✿お好きなきのこ・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿豆腐・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4丁
✿水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300cc
✿塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿あさつき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿顆粒コンソメの素・・・・・・・・・・・・・・・小1

<鶏肉の酒蒸>
✿鶏のモモまたは胸肉・・・・・・・・・・・・100g
✿塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿お酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
✿水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
鶏肉を電子レンジで2~3分加熱する。中まで
しっかりと火を通す。(このときお好みで長ネギ
やしょうがを加えると風味が増します)

<作り方>
1.鍋に酒蒸しのスープを入れて(風味に入れたネギやしょうがは加えない)水300ccを加え火にかけ、皮をむき洗った大根は短冊切り、きのこはさっと水洗いして食べやすい大きさに切り鍋に加える。大根に火が通ったら豆腐を大匙ですくって入れる。

2.味をみて顆粒コンソメの素を加え、塩こしょうをする。器に盛りつけあさつきの小口切りをちらす。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

作っているときにあくがでたら取りましょう、顆粒コンソメの素を入れる前に、味をみてスープの濃度が濃いようなら水を足して調節してください。

昨日掲載したナスの和風サラダのときに使った鶏の酒蒸しからでたスープを使っています。ナスの和風サラダはこちらから。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

ナスの和風サラダ

~ご飯にもワインにもおいしいごちそうサラダ~

100

<材料 2人分>
✿鶏胸肉またはモモ肉・・・・・・・・・・・・・100g
✿ナス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2本
✿長ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4本
✿大葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5枚
✿白ゴマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿市販のポン酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿日本酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
✿ごま油

<作り方>
1.鶏肉は器に入れて塩こしょうを少々し、日本酒を加えてラップをし電子レンジで2~3分加熱する。肉の中まで完全に火を通しておき冷ます。(長ネギやしょうがを加えると風味が増します)

2.フライパンにごま油少々を敷いて食べやすい大きさに切ったナスを入れ中火でよく焼き塩こしょうをして、冷ましておく。(油が少ないようなら少し足してください)

3.お皿に2のナスと1の鶏肉を割いて盛りつけ大葉と長ネギのみじん切りを上に盛りゴマをふる。市販のポン酢をかけていただきます。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

ナスは洗って切ったあと水でさらしてペーパーなどで水気を切っておきますが、最近は炒める場合はさらさなくてもいいと言う方もいます。両方試してみましたが味に変わりはなかったように思います。油で焼いてしまうので変色も気になりませんでした。また、ナスは油を吸いやすいので油は出来るだけ控え目にして、足りなかったら少し足してください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

花がたみのクリスマステーブルコーディネート

☆野村邸での優雅なハイティー☆

~可愛ゴージャスクリスマステーブルコーディネート~

22

10月の花がたみのテーブルコーディネートは一足早いクリスマスのテーブルコーディネートを楽しみました。今月は場所を変えて花がたみの会員で都内でお菓子の教室をしていらっしゃる野村さんのお宅で、野村さんがヨーロッパで集められたクリスマスの可愛い飾りをテーブルでコーディネートしました。また、お菓子は、やはりお菓子教室を主宰している鈴木優子さんにお願いしてズコット(聖職者の帽子)を作っていただきました。

今回のテーブルコーディネートのポイントは野村さんの持っている可愛いクリスマスアイテムと鈴木さんの作る優雅なお菓子をどのようにコーディネートするかがポイントです。つまり可愛いと優雅でゴージャスだから可愛ゴージャステーブルコーディネートと名前をつけました。(ちょっと変かな?)

21 18

私たち3人は、少し早めに仕度に取り掛かり私はカメラマンになって、優子さ~んにっこりしてね(^J^)と言ったり、ベテラン先生の野村さんはかなりの余裕でこのサンタさんはね、ドイツから来たのよと言いながらまたパチリ!私もまだ少し余裕がありましたよ。

29

17 16

野村さんがご用意くださったどれもおいしいマッシュルームスープとドライカレー、ひじきのサラダをいただいてから鈴木先生のデモンストレーションに皆さん真剣にメモをとったり写真を撮ったりしていました。

15_2

14_2

シンプルなケーキを切り分けるとこんなにゴージャス!そしてお皿に取り分けて

13

19_2 20

23 24

26 25

27 28

大きいテーブルとゆったりとした椅子に座って楽しいお話とおいしいお菓子とお茶で、皆さんと何時間でもこのままごいっしょしたいと思った一日でした。楽しかった~

30

最後に記念写真を撮って楽しい花がたみもお開き。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ ←今日の可愛ゴージャステーブルコーディネートが楽しかった~と思ったらおもてなし料理をクリックしてくださいね。いつも応援ありがとう。

~花がたみが終わって感じたこと~

可愛いとゴージャスを合わせるのは少し難しかったな~という反省点と、お二人の丁寧なお菓子やお料理に取り込む姿勢をみて、私も反省しました。野村さんはまだ勉強に励む毎日を過ごし、鈴木さんは2歳のお子さんのお母さんでもありながらお菓子以外にもお料理を勉強されたりしています。ただお二人が共通していることは家庭をとっても大切にしていることです。お二人の素敵な笑顔は家庭を大切にしているところから生まれてくるのかなと思いました。それから花がたみに来てくださる皆さんの共通しているところはほんわかしていて、温かいお人柄が素敵なんですよ。皆さん大好き!

鈴木優子先生へのお菓子に関するご質問やお教室への問い合わせはこちらから。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

野菜と鶏団子の煮物

~コトコトゆっくり煮る煮物はお母さんの味~

☆寒い季節はからだの温まる煮物がおいしい☆

39



<材料:二人分 鶏ダンゴ>
✿鶏ひき肉・・・・・・・・・200g
A 柚子味噌・・・・・・・・小1(市販のもの)
A 酒・・・・・・・・・・・・・・大1
A しょうゆ・・・・・・・・・・大1

<材料:二人分 煮物用>
✿だし汁・・・・・・・・・・600cc
✿レンコン・・・・・・・・・150g
✿にんじん・・・・・・・・・1本
✿グリンピース・・・・・・70g(冷凍)
✿みりん・・・・・・・・・・・大1
✿薄口しょうゆ・・・・・・大2

<作り方>
1.あらかじめ鍋に水を入れて沸騰させ、ボールに鶏ひき肉と材料のAを入れて混ぜてお団子にして、お湯の中でサッと湯通ししておく。

2.鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、洗って皮をむいたレンコンとにんじんを乱切りにして入れる。

3.10分ぐらい2を煮てからみりんとしょうゆを加え、1のお団子を入れあくがでたらとる。

4.野菜が柔らかくなったら冷凍グリンピースを加えて柔らかくなったら火を止める。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

鶏団子はあらかじめ湯通ししておくと、お汁のあくが少なくすっきりとした煮物に仕上がります。このお団子はほかに鍋物に重宝します。また、だしをとった昆布も私は小さく切っていっしょに煮ます。昆布は栄養満点でさらに煮物がおいしくなりますよ~出汁をとるのが面倒な方は市販の和風出汁の素を使ってください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

ほっと一息カフェ

~今日はのんびりティータイム~

95_2 

~ある日送られてきた加賀の品々~

私の好みをよく知っている方から、加賀名産の日本酒やおつまみ、お菓子にお茶が入っている素敵なプレゼントをいただきました。

その中で今まで知らなかった加賀棒茶。ぼうちゃってなんだろうと思ってさっそくあけたら、茎を焙じたお茶でした。茎のお茶は珍しいと思ってお茶好きな私はさっそくティータイムをとりました。茎のお茶っておいしいのかな?というのが最初の疑問でしたが、かおりがとってもよくて今までにない新鮮な味に感激しました。

「おいしい棒茶の研究」のきっかけとなったのは昭和天皇への献上にあったそうです。やさしさとふくよかなかおりへの探求がここから始まったと丸八製茶場の加賀棒茶物語に書いてありました。なるほどだから献上加賀棒茶なんですね。

97_4  96_2

茎の持つさわやかな味わいとかおりは午後のティータイムにぴったりです。ほうじ茶は和菓子にもまた、焼き菓子にもおいしくて、万能なお茶に思います。個人的に一番好きなお茶は煎茶なんですが、煎茶はやはり和菓子と組み合わせたいですね。それで今日は棒茶とラズベリージャムを入れた手作りのお菓子を棒茶をティーカップに注いで洋風のティータイムとしました。

また、お茶を入れている壷はMARIAGE の壷に入れています。専用のティースプーンもつけて私のお気に入りのひとつです。それからティーカップもお気に入りなんですよ。ロイヤルクラウンダービーのカップで、名前がジャパンというアンティークなんです。午後のひと時をこのカップに香り高い紅茶やほうじ茶入れて過ごすのは楽しみのひと時です。

98 カップやソーサーの裏にはマークが記載されていますがこのマークの形で作られた年号がある程度わかるそうです。私の持っているものはだいたい80年~90年前のものだそうです。また、下の写真は15年ぐらい前に買った現代のデミタスカップですが、時々煎茶を入れて楽しむこともあります。小さい干菓子をお皿に盛ってお友達とおしゃべりするときにこんな演出も時々しています。新茶のおいしい季節などはボーンチャイナの美しい色と新茶の緑が美しく映えます。

99_2 デミタスカップをお持ちでしたら、お友達にお好きなデミタスカップを選んでもらって楽しいティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

松茸チャーハン

~松茸が安くなったときに作りたい秋の味覚~
93

<材料 2人分>
✿松茸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
✿ご飯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お茶碗に2杯
✿あさつき・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
✿もみのり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
Aしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
A塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
Aお酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
A顆粒コンソメの素・・・・・・・・・・・・・小1
サラダ油

<作り方>
1.フライパンを熱く熱してサラダ油を入れて、一口大に切った松茸を手早く炒め皿に移す。

2.1のフライパンに油を少し足してときほぐした卵を入れて炒め、ご飯を加えパラパラにする、1の松茸を加えてAの調味料を入れて炒め、皿に盛って小口切りにした、あさつきをかける。
。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~
ある日夫が池波正太郎さんの随筆で、秋になると松茸チャーハンを作って食べたって書いてあるけど作って、とリクエストされました。
秋になると必ず松茸を買って欲しいといわれるので、年一回松茸を買います。京都のときに作ったハモと松茸のお鍋は好評だったけど、東京ではハモは夏の一時しか出回りません。アメリカ産の安い松茸1本はおそばに、そして朝食に松茸チャーハンを作りました。
秋の香りのするなんだか贅沢なチャーハンになりました。
94
こんな感じのが2本で900円でした。
<いなくみのワンポイントアドバイス>
私はサラダ油の代わりに、太白ごま油を使っています。ゴマの実の部分の白いところから作られているごま油で味がすっきりしています。我が家で炒め物をするときはこのごま油を使います。
また食べる直前に粒こしょうをひいてかけると松茸との相性がいいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

夫の美学と十三夜

~新そばで作るきのこそば~

90_2

今日はちょっと夫のことにふれようかなと思います。ライフスタイルにこだわりを持っている夫ですが、特に食に関してはさらに強いこだわりがあります。好き嫌いが多いのではなく、食べることへの美学のようなものがあると思っています。まずシンプルでなければいけないといつも言っております。盛り付けや野菜の組み合わせなど、口には出さずとも譲らないものがあって合わないものは少し残します。

特に好むものはおそば、そして秋になって新そばがでるようになると作るのが、このきのこそばです。もちろん東京のお蕎麦屋さんスタイルでかまぼこや焼き海苔でまずお酒を飲んでそれからおそばを食べます。女性なら野菜不足を気にしたり彩りが気になるところですが、おそばをおいしく食べることに専念すればやはりお腹にたまらないかまぼこや焼き海苔なのでしょうね、今日は夫の好きなポテトだけのサラダにパセリをふって少し添えました。

相手の要求することを満たす、これも私のコンセプトである「家を楽しむ」エッセンスなのかな~とこの頃思うようになりますた。

91_2 今日は十三夜お月様に出会えるかな?左は京都の伝統工芸士 西山裕人さんが作った、和紙に金箔をほどこしたもの、個性的で色の組み合わせが素敵で大好きなんです。

もし、ご家庭で作るなら色の付いた画用紙などを丸く切って2枚重ねるとお月様のようになりますよ。お月見のテーブルで使ってみてはいかがでしょうか。お子様といっしょに色を選んだり、画用紙を切ったりしてテーブルをつくると楽しめると思います。

名月には秋の収穫を月にお供えする風習があるようでお芋や栗など、それからすすきも必要ですね。都会ではすすきはもう見られなくなりました。残念です。今日はお月さまが見られるといいな~と思います。

ところで源氏物語が大好きな私ですが、月を見ると平安時代も同じ月を眺めていたんだな~と考え深いものがあります。もし神様がひとつだけ願いをかなえてくれるとしたら平安時代に行って作中人物だけど光源氏の君様と愛を語りたいな(*^_^*)でも会ったらきゃ~現代のイケメン君のほうが素敵と思うかもしれないけど。。。。

92 今日使った器は私の大好きな作家の立原正秋さんの実際に書いた花という字を使って器をプロデュースしたそうです。数年前画廊で立原正秋回顧展で買ったけど、残念なことに一枚割ってしまいました。好きなお皿はよく割ってしまう。

後ろに写っているのは西島隆さんの織部です。我が家で大活躍の器たち。私の生活の一部となって毎日を楽しませてくれます。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

フライパンひとつで簡単! チキンのエビチリソース

~冷めてもおいしい鶏肉で作るエビチリ風味~
☆お弁当にもご飯にもお酒のおつまみにもおいしいピリ辛チキン☆

81
<材料 2人分>
✿鶏モモ肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
✿塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1
✿こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小2
✿片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・大2
✿にんにく・しょうが・・・・・・・・・・一片
✿長ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4本
Aケチャップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大3
A酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
A砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1
Aしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1
A塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
A水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4カップ
A豆板醤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1

<作り方>
1.鶏モモ肉はエビぐらいの大きさに切り塩こしょう、酒をふり片栗粉をつけ油を敷いたフライパンでこんがりと焼きます。(片栗粉で肉がくっついてもソースを加えればはがれるので心配なく。)

2.1を中までしっかり火を通したら、いったんお皿にあけて余分な油をキッチンペーパーでふき取り、にんにく、しょうが、長ネギのみじん切りを加えて香りが出たら、1の肉を戻し、火を止めてあらかじめ混ぜておいたAを加えて余熱で火を通す。からまってきたら中火にして混ぜ合わせお皿に盛る。

3.分量外のサラダ菜と白髪ねぎを飾る。

<いなくみのワンポイントアドバイス>
ケチャップを使うお料理で、チキンライスやナポリタン、チリソースなどケチャップを加熱する料理の場合はケチャップを加えるときにいったん火を止めて加え混ぜると酸味が和らぎます。たとえばナポリタンなどはパスタと具を炒めて最後の仕上げに火を止めてからケチャップを加え混ぜ合わせて皿に盛るとツンとくる酸味が和らぎます。チリソースも味がなじんだお弁当にもおいしく食べられると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月20日 (土)

三角厚揚げの卵とじと恵比寿ウォーキングデジカメ

~我が家の定番の煮物、短時間で出来てご飯にもおつまみにも最適~

厚揚げは油で揚げてあるので余分な水分が抜け、木綿豆腐よりもカルシウムや鉄分が多く含まれているそうです。

80

<材料2人分>

✿厚揚げ・・・・・・・・・・半分
✿インゲン・・・・・50g
✿だし汁・・・・・・・・・150cc
✿薄口しょうゆ・・・・・・大1
✿濃い口しょうゆ・・・・・大1
✿みりん・・・・・・・・・大1
✿砂糖・・・・・・・・・・小1
✿卵・・・・・・・・・・1個

<作り方>

1.厚揚げは油抜きして三角形に切る、インゲンは洗って両端を少し切り落とし3等分しておく。

2.鍋にだし汁を入れて分量の調味料を加え、1の厚揚げを入れて味を含ませインゲンを加え火を通す。

3.2に卵を回しいれて半熟卵にする。

お好みでもみ海苔をどうぞ!
今回は洋皿に盛り付けてみました。

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~

~恵比寿ウォーキングデジカメ~

3 4

5 6

7 8

最初の写真は山吹なんだけど季節はずれに咲いていて可愛いから撮りました。源氏物語の夕顔の遺児、玉かずらは山吹に例えられています。夕顔がはかなく死んでお付の女性が玉かずらをつれて親戚を頼って九州に旅立ち、大人になって奈良の長谷寺近くの椿市で今は光源氏のもとにいる、夕顔付きの女性と偶然に出会う。そこからドラマが始まるけど、私はこの再会の情景と紫の上がまだ幼少のころ光源氏が初めて紫の上を見つけ出したところの情景が大好きなの。この情景を読みたくて、何度も源氏物語を読んでしまいます。

ガーデンプレイスはもうクリスマスの定番バカラのシャンデリアをつけるために、作業が始まっています。早いね~でも早く見たい。朝の光に輝くクリスタルガラスと、夜電気を灯した豪華なバカラクリスタルの輝きはやっぱり魅力的です。このバカラのシャンデリアは、はるばるバカラ村の教会から運ばれてくるそうですが、この教会はクリスマスのときはどうするのでしょうね。このシャンデリアをみてからバカラの虜になり今、フルートクラスとワイングラスを集めています。仕事が成功したときに、このフルートグラスで飲むシャンパンはこの世のものとは思えないおいしさ。

先日銀座で久しぶりに買ったバッグ。母がそれバッグなの?工具用品入れかと思った~と言っていたけどなるほどです(~_~;)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年10月19日 (金)

テーブルコーディネートの舞台裏

~今月のテーブルコーディネート教室の打ち合わせ~

☆可愛ゴージャス クリスマステーブルコーディネート☆

4_2いきなりほうきに乗ったかわいい写真が登場したけど、昨日は花がたみの打ち合わせで今月コラボレーションしていただく野村邸 のダイニングに吊るされているお人形です。野村さんは花がたみに来ていただいている会員ですが、都内でお菓子の教室をもう何十年もされています。今月は野村さんのお持ちのかわいいクリスマスグッズと、やはりお菓子の先生でいらっしゃる鈴木優子さんのエレガントお菓子を私がテーブルコーディネートいたします。

名付けて「カワゴージャス!!」テーブルコーディネート。

今日はその舞台裏といいますかどんな風にテーブルコーディネートが出来上がるのかをちょこっとご紹介いたします。3人のコラボはちょっとむずかしいよ。なにしろすごくかわいい野村さんのクリスマスグッズはキャンドルや小物テーブルクロスがあとからあとからもういっぱいダンボールの箱からでてきます。たくさんの中から選ぶのは大変。ヨーロッパのかわいい小物たちのドラマを聞きながら楽しく選びました。今年の花がたみのクリスマスカラーは赤と緑、かわいい小物に囲まれた鈴木さんのエレガントでゴージャスなケーキをどう演出するか当日をお楽しみに!下の写真で 一部紹介します。

1_2 3_2 12_2

6 7 11

5_2 10_3 9_2

   

8 上の写真で、ユーモラスなほうきに乗ったご婦人はイギリスのハロッズからほうきに乗ってやってきたそうでこの時期に飾り付けをされるそうです。また、クリスマスツリーをなんだか楽しそうに野村さんと鈴木さんで飾りつけをしていますね。ケーキの写真サンプルを見てどれがいいかな~盛り付けのお皿はこれかな?など話は尽きません。お菓子の周りはかわいい小物でまとめよう、クリスマスツリーの横には天使ちゃんを飾ってねと注文!したりお二人の先生にあれやこれやといっぱい色々とお願いをしてしまいました。

写真上の左下は一昨年いらしたプロバンスからはるばるやってきたプロバンスプリントのテーブルクロス、こんなのもあるよとたくさんのプロバンスプリントを見せていただきました。また、野村さんと同世代の鈴木さんのお母様のお宅にあった梱包用のクッションで梨をラッピングしておみやげにされました。さすがに鈴木さんのセンスが光ります。左の写真は野村さんと私を鈴木さんが写真を撮るよー(たしかもっと丁寧な言葉遣いだったけど)と言ってパチリ。楽しい打ち合わせは終わりました。さて24日はどんな会になるかな?花がたみで大人気のお二人にお任せして、私はう~んと楽しく過ごそうと今からワクワクしています。

今月は簡単ゴージャスから可愛ゴージャスへとヘンシン~です\(^o^)/

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

秋鮭としめじの炊き込みご飯

~材料を炊飯器に入れて炊くだけだから簡単~

74

<材料 2合分>
✿生鮭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150g
✿米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2合
✿しめじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1パック
✿酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大2
✿しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20cc
✿塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1/3
✿出し昆布・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10cm角1枚
✿紅葉麩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5~6切れ

<作り方>

75

1.お米はといでザルにあげておき、しめじは汚れを取って小分けしておく。鮭はペーパーで水分を取ってから分量の塩をしておく。

2.炊飯器にお米と酒、しょうゆを入れて炊飯器の分量の水を入れる。出し昆布を加えて1のしめじと生鮭を入れて15分後炊飯する。

3.炊き上がったら少し蒸して、鮭の身をほぐして混ぜ器に盛る。あればお吸い物ぐらいのおつゆで煮た紅葉麩を添える。

76

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

きのこと焼き豆腐のスープ

~体が温まり寒い季節に向かっておいしいスープです~
☆我が家の朝食のメニュー 中華風おこわと共に☆

64

<材料 2人分>

✿きのこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g(しめじ・しいたけ・エリンギ)
✿焼き豆腐・・・・・・・・・・・・・・・50g(木綿でも絹でも)
✿水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300cc
✿顆粒コンソメの素・・・・・・・・大1
✿しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
✿片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿すだち・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4個

<作り方>
1.鍋に水を入れて沸いたらコンソメの素を入れ、きのこ類は汚れを取って食べやすい大きさに切り、焼き豆腐も同じように切って加える。

2.きのこと豆腐に火が通ったら、しょうゆで風味をつけ、水溶き片栗粉を加えとろみをつけて最後にとき卵を加える。食べる前にすだちをぎゅっと絞ってどうぞ。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

お好みですだちのかわりに柚子胡椒やラー油などでもおいしいですよ。
また、お豆腐はお好きなお豆腐を使ってください。
ちょうど我が家に余った焼き豆腐があったので使いました。

中華風おこわはこちらから。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

リクエストにお答えして スズキの香草焼きカレー風味

~スズキのお料理を教えてのリクエストにお答えして~

☆スズキをオリーブオイルでカリッと焼いた香ばしさとカレー風味のソースがよく合います☆

71

<材料2人分>

  • スズキ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2切れ
  • エキストラバージンオイル・・・・・・・・・・・・・・・大2
  • 赤・黄ピーマン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・各50g
  • オレガノ・バジル・ローズマリー・・・・・・・・・・・適宜
  • パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
  • 枝豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80cc
  • カレーパウダー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5g
  • バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15g
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

<作り方>

  1. スズキは塩こしょうをして、小麦粉をまぶし、香草を入れたオリーブオイルで両面カリッと焼き中まで完全に火を通し皿に盛る。
  2. フライパンにバターを入れ溶けたら1cm角に切ったピーマンを入れて炒め、弱火にしてカレーパウダーを加えて更に炒め、生クリームを入れてとろみが付くまで煮詰め、塩こしょうで味を味を調える。
  3. 1に2のソースをかけて茹でた枝豆とパセリを飾る。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

スズキを焼くときは皮目から焼き、裏返したときにスプーンで皮目にオリーブオイルをかけまわしながら焼くとカリッと焼けます。またオーブンがあれば両面焼いてから250℃のオーブンで10分ぐらいで焼きあがります。切り身のお魚の真ん中を指で押して弾力があれば焼き上がりです。また、これからの季節には生タラもおいしくできます。

小麦粉は薄力粉を使うほうがうまく焼けるような気がします。野菜も秋野菜のサツマイモやジャガイモなどもよく合います。また、枝豆をトッピングすると更にゴージャスにみえるので試してみてくださいね。

72

夏の花がたみテーブルコーディネート教室のときの写真です。

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~

今日はmixiのお友達のご主人様がスズキを釣ってこられて、お刺身や焼き魚、グラタンを楽しまれたそうです。後どんなお料理ができますか?の質問があったので夏のテーブルコーディネートの提案だけど掲載しました。

それから、私のお料理をブログやmixi、いただきますでたくさんの方々が作ってくださることを本当にうれしく思います。皆様に役立つブログを目指してこれからもおいしくて楽しくそして、私のモットーであります簡単ゴージャスのお料理を作ります。これからも応援してくださいね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

ひとつのお鍋で簡単! きのこと野菜のクリームシチュー

~始めに電子レンジで野菜を柔らかくするので短時間で簡単、しかもおいしい~

65

<材料 2人~3人分>
✿きのこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150g
✿にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
✿たまねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
✿じゃがいも・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
✿枝豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・飾り程度
✿ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
✿塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1
✿牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500cc
✿粉チーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿強力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大2
✿バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1

<作り方>
1.じゃがいもは皮をむいて食べやすい大きさに切り水にさらしておき、にんじんも皮をむいて食べやすい大きさに切って耐熱皿に入れて2分ぐらい電子レンジで加熱する。

2.鍋を熱して細かく切ったベーコンをバターで炒め、スライスしたたまねぎを加えて更に炒め、きのこは汚れをとって、一口大に切って加える。このときはあまり炒めずに静かに加熱する。

3.2に1の野菜を加え水分を飛ばすように炒め塩こしょうをする。火を弱火にして分量の強力粉を振り入れて焦がさないように更に炒める。

4.3に牛乳を加えてとろみがつくまで弱火のままで加熱する。味を見て塩こしょうをして、最後に粉チーズで味を調える。とろみが強い場合は牛乳で調節してください。

きのこはマッシュルーム・しめじ・生しいたけ・エリンギを使いました。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

薄力粉と強力粉をうまく使い分けると、お料理が簡単でスピーディーにそしておいしくできあがりますよ。シチューのように煮込むイメージがあるクリームシチューは市販のルーを使うことが多いかもしれませんね。でも牛乳でも簡単に短時間で出来上がります。

ポイントは野菜を電子レンジで始めに柔らかくしておくこと。強力粉を使うことで滑らかなルーが出来上がります。時間のあるときは早めに作っておくとよりまろやかになります。あれば生クリームを少量入れるといいでしょう。

盛り付けや器によって感じが変わります。温かみのある和風の器も素敵。またやっぱりしっくりくる洋風盛り付け。あなたのお好みでどうぞ。

69

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~

シチューといっしょにいただいたパン。左は中にイタリア産の栗をラム酒で漬けてあるものが入った少しハード系のパン、右はかぼちゃ入りのパン。どちらもとってもおいしかった。今回もじゃがいもを「インカのめざめ」を使ったけど色もきれいでホクホクと甘味があっておいしい、すっかりファンになりました。

66 67

68_2  70

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

厚揚げと豚肉、小松菜のピリ辛炒めと恵比寿ウォーキングデジカメ

~余分な水分が抜けて栄養価の高い厚揚げ~
☆ご飯にもおつまみにも合うピリ辛炒め☆

63

<材料:二人分>
✿厚揚げ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2枚
✿豚肉薄切り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
✿小松菜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g
✿塩・こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
Aしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
Aみりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1
A豆板醤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1
A甜面醤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小1
A水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大2

<作り方>

1.豚肉は一口大に切り塩・こしょうをして片栗粉をまぶしておく。厚揚げは油抜きして縦に5mm厚さに切り包丁で切れ目を入れておく。小松菜は水洗いして4~5cmぐらいに切っておく。

2.フライパンを熱してごま油を敷き、豚肉を炒め、厚揚げと小松菜を入れる。

3.2に火が通ったらあらかじめ用意しておいたAを加えてとろみがついたらできあがり。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

厚揚げは油抜きしたら包丁で2~3箇所切れ目を入れておくと味がしみやすくなります。また、栄養価は高いけど油で揚げてあるのでカロリーも高めです、しっかり油抜きすることをお勧めします。

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~

32

月がとてもきれいな夜でした。あなたはこの椅子に座ってもっと話がしたいと言った。遅い時間のことだったので私はまた今度ねと言ってさよならをしました。それからあなたに会えない日が続いて突然にあなたは月へと旅立ちました。この椅子であなたは何を語ろうとしたのだろうか。今はもうわからない。。。。

朝ウォーキングをしていると年配の方々がこの椅子で楽しそうにおしゃべりをしているのが聞こえます。昼間ランチをとりに色とりどりのお弁当を広げにぎやかに語り合うOL。夜は恋人たちの憩いの場。

この椅子はたくさんの人たちの喜びや悲しみをみつめています。あなたの幸せ、孤独、悩みその重みをいつも支えてくれる椅子。今日も一日のドラマが始まります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

ジャガイモとサツマイモのカナッペ風

~秋の夜長をワインと共に楽しみたい簡単おつまみ~

☆お子様といっしょに作っても楽しくおいしい☆

60

<材料>

  • ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • サツマイモ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
  • マッシュルーム・・・・・・・・・・・・・・・2個
  • ハム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
  • 粉チーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

<作り方>

  1. ジャガイモは5mmぐらいの輪切りに、サツマイモは斜めに5mmぐらいに切って水でさらしザルにあげて、バターを塗った耐熱容器に重ならないように入れ、軽く塩をふる。
  2. 1はラップをして電子レンジでおいもが柔らかくなるまで加熱する。
  3. 汚れをとったマッシュルームと、ハムは細かく切って2のおいもにトッピングし、チーズと粉チーズをかけて250℃のオーブンでチーズがとろけるまで焼く。あればパセリをふって熱々をどうぞ。

59

<いなくみのワンポイントアドバイス>

特にアドバイスはないけどハムの代わりにベーコンなどでもおいしいです。また、ジャガイモは昨日使った「インカのめざめ」を使っています。黄色がきれいですね。そして、ジャガイモの色とサツマイモの皮の色をきれいに見せるためにおいもの淵を少し残してチーズなどをトッピングするときれいにみえますよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

ジャガイモと焼き鳥の炒め物

~秋に収穫されたホクホクのジャガイモとチキンソテーのハーモニー~
56

<材料 2人分>
✿鶏モモ肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
✿ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
✿しし唐・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4本
✿サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿強力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿すだち・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個

<作り方>
1.鶏肉は縦に1cm幅に切り塩こしょうをして強力粉をつけておく。(皮はつけても取ってもどちらでも)

2.ジャガイモは皮をむいて1cmのスティック状にして水でさらしてザルにあげ、器に入れて電子レンジで1分ぐらい加熱する。しし唐は包丁で切れ目を入れる。

3.フライパンに少量の油を敷いて1の鶏肉を両面焼いて火を通し皿にあける。(炒めずに焼くこと)

4.3のフライパンに2のジャガイモを入れて炒め、しし唐も加えしし唐に火が通ったら、3の鶏肉を加えて塩こしょうで味を調える。仕上げにすだちをぎゅっと絞って器に盛る。

<いなくみのワンポイントアドバイス>
鶏肉は炒めずに両面よく焼くこと、そして強力粉をつけることでパリッと仕上がります。強力粉がない場合は薄力粉を使ってください。
今日使ったジャガイモは「インカのめざめ」という種類、まるでマンゴーのように黄色が鮮やかな品種でホクホク栗のようなおいしさがあります。
57 58

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~

焼き鳥と見て串に刺した焼き鳥を想像したでしょう^^
このお料理はあっさりしていておいしいよ。
お好みでサラダ油をバターにしてもボリュームがあっておいしいですよ、そのときはレモンをぎゅっと絞ってね。
この「インカのめざめ」を知ったのはブログのお友達YUKOさんのブログで知りました。
色がきれいなジャガイモだったので探そうと思ったら、家の近くのスーパーがちょうど北海道フェアをしていたのでさっそく買いました。
どんなお料理にしようかな?と思って今回は鶏肉と合わせてみたけどホクホクしていて、すごくおいしかった。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

洋ナシとミモレットチーズのサラダ

~洋ナシのおいしい季節の簡単おつまみサラダ~

☆秋の夜長 ワインといっしょにいかがですか~☆

54

<材料2人分>

  • 洋ナシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • ミモレットチーズ・・・・・・・・・・・・適宜
  • サラダ菜・・・・・・・・・・・・・・・・・3枚
  • オリーブオイル・・・・・・・・・・・・適宜
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. 洋ナシは洗って皮をむき芯をはずしてくし型に切り、サラダ菜は洗ってザルにあげ、水を切っておく。ミモレットチーズはピーラーなどで薄く切る。
  2. 1を皿に盛って、オリーブオイルと塩こしょうで味を調える。

55

ミモレットチーズはハードタイプのチーズです。あまり聞きなれない方も多いかもしれませんね。からすみのような味と書いてあります。6ヶ月熟成や12ヶ月熟成などあり薄くスライスしてそのままで食べてもワインとぴったりでおいしいですよ。もし、チーズのたくさんあるスーパーやチーズ専門店があれば一度お試しくださいませ。

私はチーズはハードタイプが大好きなので、洋ナシの季節にはハードタイプのチーズと洋ナシのサラダをよく食べます。このサラダは芦屋の千暮里(ちぼり)のお料理教室で教えていただいたものです。残念ながら千暮里のHPはございません。

<いなくみのワンポイントアドバイス>

いつも使っている淵のかわいいお皿、このお皿にガラスのお皿を組み合わせてまるで一枚のお皿のように使っています。柔らかい雰囲気のお皿を組み合わせることでお皿の表情がまた変わってきます。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

さつまいもときのこのモチモチ炊き込みご飯

~材料を切ってそのまま炊飯器で炊くだけのお手軽炊き込みご飯~
☆旬のさつまいもときのこで秋の香り☆

53

<材料 2合分>
✿米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.5カップ
✿もち米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.5カップ
✿さつまいも・・・・・・・・・・・・・・・・・150g
✿しめじ・エノキダケ・・・・・・・・・・・150g
A 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
A みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
A 薄口しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・大2
A 濃い口しょうゆ・・・・・・・・・・・・・少々
A 出し昆布・・・・・・・・・・・・・・・・・10cm角切り1枚

<作り方>
1.もち米とお米は洗ってザルにあげて水気を切る。

2.さつまいもは洗い、1cmぐらいのいちょう切り、きのこ類は食べやすい大きさに切っておく。

3.炊飯器に米を移し、Aを入れて炊飯器の目盛り通りに水を入れ、2を加えて15分ぐらい置き、炊飯する。

50

おもてなし料理にする場合は塗りの箱に入れると引き立ちます。また、大き目の洋皿に盛るのも素敵です、そのときは笹の葉や庭のきれいな葉を添えると美しく映えます。いつものさつまいものご飯がおもてなしのご飯になります。

49 52_2

48_2 51_2

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

錦秋のテーブルコーディネート

~錦秋のテーブルコーディネート~

☆秋の味覚と秋の花を器に盛り合わせて アグネスホテル東京での花がたみ食事会☆

37

栗や柿がおいしい季節になりました。フルーツとお花を上手に組み合わせてセンターピースを作りました。センターピースとはテーブルの中央にディスプレイするもの。フルーツの盛り合わせだったり、お花を飾ったりします。私の大好きな組み合わせの和と洋をミックスして作ったテーブルです。

41 39

40 44

38 42

43 45

H16年11月の食事会のアルバムより お料理は一部紹介

アグネスホテル東京の最上階(5階)ル・シエルはプライベートダイニングルーム。ここで総料理長の大河原正裕シェフが私たちのために腕をふるっておもてなしをしてくださいます。この日のテーブルコーディネートは和紙をテーブルに帯のように切ってつなげています。そこに紅葉(ビニール製)や金箔の和紙を小さく切ってまるで“錦秋の京都”という感じを表現しました。日本の秋のすばらしさをテーブルで目で味わい、おいしいお料理に舌鼓をうつおいしくて楽しい食事会でした。

<回想 寂光院への道>

46_2

5年間住んでいた京都、大原までは車で20分ぐらいの距離です。折に触れ大原の里を訪れていました。花園橋から高野川に沿って北へ北へと上がっていくと、比叡山の四季折々の美しい風景に出会います。

幹線道路わきのパーキングに車を止めてここからは歩いていきますが、建礼門院徳子はどんな気持ちでこの道を通って、寂光院までたどったのでしょうか。ふと平家物語がよぎります。建礼門院徳子は平清盛の娘で安徳天皇の生母として平家一門から重んじられてきた女性です。

壇ノ浦の戦いで、平家一門ももはやこれまでと思われたとき、建礼門院は安徳天皇をふところに抱きかかえ二位の尼(徳子の母)から海に身投げするように言われるがためらっていると二位の尼が徳子から、安徳天皇を奪い取るやいなや、海に飛び込みました。

徳子もあとを追って入水しましたが、豊かな黒髪が大きな熊手にひっかかり不幸にも助けられて、京都に帰りました。そして京都の長楽寺で尼になり、後に大原の寂光院に入りこの里で一生を終えたそうです。

私は吉川英治の平家物語を読んで悲劇の女性建礼門院徳子のあわれを感じました。また、寂光院に住む建礼門院を、後白河法皇がたずねる大原行幸にはものさびしい寂光院のたたずまいが描かれてありました。寂光院の風情はまさに晩秋にあるように思いました。

そして、大原の里は柿の木がよく似合います。のんびりと歩いていると里の家々には葉を落とした木に熟した柿が真っ赤に色づいて私の郷愁を誘います。子供のころ私の家には大きな柿の木がありました。私の少女時代は内気で一人遊びばかりしていますた。こんな私が大好きだった柿の木の下で夏、朝顔や露草でおままごとをしたことや秋、柿の実を取ってつるし柿にしたことなど、柿の木には少女のころの思い出がいっぱいあります。寂光院へ向かう道は、私をセンチメンタリズムに変えてしまう道なのです。

京都での生活の中で知らない間に京風の雅を身につけたように思います。このテーブルコーディネートは大原寂光院のまさに錦秋を思い出して、ストーリーで綴りました。お楽しみいただけましたでしょうか。

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~

<おまけの写真>

上の写真に使っている柿はディスプレイ用の柿で、栗は本物。栗は今たくさんスーパーで売られていますね。栗ご飯を楽しまれた方も多いと思います。私は栗ご飯が少し余るとおにぎりにしていただきます。同じ栗ご飯なのに味が違うから不思議です。行楽のシーズン、栗ご飯をおにぎりにしてお弁当を楽しまれてはいかがでしょうか。

47

アグネスホテル &アパートメンツ東京はこちらから。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

フライパンひとつでで簡単!ポテトグラタン

~お手軽ポテトグラタン~
☆メインのお肉に添えてもおいしく食べられます☆

35

<材料 4人分>
✿じゃがいも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
✿たまねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80g
✿しめじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
✿ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
✿牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200cc
✿バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
✿ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
✿塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
✿小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1

<作り方>
1.じゃがいもは皮をむき一口大の大きさに切って水にさらしザルにあげて水を切り、フライパンに入れて中火でひたひたの水を入れてふたをして、蒸すように茹でてやわらかくする。水が足りないようなら少し足す。

2.1のじゃがいもがやわらかくなったら余った水分を捨て完全に水分を飛ばし、バターを加えてベーコン、しめじ、たまねぎを加えて炒め軽く塩こしょうをする。

3.2の野菜に火が通ったら弱火にして大1の小麦粉を全体に加えよく混ぜながら炒め、牛乳を加えてとろみをつける。あれば生クリーム50ccを加えるとコクが出ます。

4.3を耐熱容器に入れて、チーズと分量外のバター少々を入れて250℃のオーブンで15分焼く。

36

~いなくみのワンポイントアドバイス~
じゃがいもを茹でるとき、かなり柔らかくなるまで茹でると牛乳との相性がいいですよ。
また、じゃがいもいは電子レンジで加熱してもできます。

このごろ我が家の冷蔵庫にしめじがたくさん入っています。スーパーに行くとしめじばかり買い求めているように思います。ほかのきのこやブロッコリーなどをいっしょに入れてもおいしくできます。小麦粉は200ccの牛乳に対して大1ぐらいが適当だと思います。また、じゃがいものほかにさつま芋でも色もきれいでおいしくいただけます。(注意:さつま芋は茹で時間がじゃがいもより長くかかります)

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2007年10月 5日 (金)

ほうれん草としめじ、油揚げの煮物

~定番の煮物にしめじを添えると秋の煮物に~

27

<材料2人分>

  • 茹でたほうれん草・・・・・・・・・・・・・・50g
  • 油揚げ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
  • しめじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80g
  • だし汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400cc
  • 濃い口しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・大1
  • 薄口しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
  • みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
  • すだち・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個

<作り方>

  1. ほうれん草は茹でて一口大に切り、油揚げは油抜きして食べやすい大きさにしておく。
  2. 鍋にだし汁を入れ濃い口しょうゆと薄口しょうゆ、みりんを加えて中火で沸かし1の油揚げとしめじを加え味がしみたら1のほうれん草を加えて火を通す。
  3. 器に2を盛ってすだちをぎゅっとしぼる。


| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

ベーコンとソーセージのポトフ

~冷蔵庫にあるいつもの野菜であったかポトフをおもてなし料理に~
20
<材料:2人分>
✿キャベツ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4個
✿にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
✿たまねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個
✿じゃがいも・・・・・・・・・・・・・・・・小4個
✿ソーセージ・・・・・・・・・・・・・・・・4本
✿ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・厚切り5mm3枚(なければ薄切りベーコン5枚)
✿塩・こしょう・ベイリーフ・・・・・・・少々
✿顆粒コンソメの素・・・・・・・・・・・小2~3
✿オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・適宜
✿お好みのハーブ・・・・・・・・・・・・少々
18 19

<作り方>
1.鍋にベーコン1枚を細かく切って入れ油が出るまで炒め、残り2枚のベーコンは半分に切って加え炒めこの2枚分はお皿に取り出す。

2.キャベツ、にんじん、は洗い大きめにざっくり切り、じゃがいもは皮をむき水にさらして1の鍋に加え炒め、塩コショウをする。

3.水が野菜にかぶるぐらい入れてコンソメの素とベイリーフを加えふたをして、中火で野菜に火を通す。          
たまねぎを加え、やわらかくなったらソーセージと取り出しておいたベーコンを加え、お好みのハーブとオリーブオイルを入れて味をみて器に盛りつける。

| | コメント (22) | トラックバック (2)

2007年10月 3日 (水)

しめじとチキンのサラダ

~秋はやっぱりきのこがおいしい~
☆チキンとしめじをソテーしたおかずサラダ☆

12

<材料 2人分>
✿鶏のモモ肉・・・・・・・・・・・・・1/2枚
✿レタス・・・・・・・・・・・・・・・・・4枚
✿きゅうり・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
✿トマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
✿しめじ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2パック
✿オリーブオイル・・・・・・・・・適宜
✿塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・少々
✿にんにく・・・・・・・・・・・・・・・少々


<作り方>
1.レタス、きゅうり、トマトは洗い食べやすい大きさに切って水を切り皿に盛る。

2.フライパンにオリーブオイルを敷きにんにくのスライスを入れて、塩こしょうをした鶏モモ肉を皮目から焼き両面焼く。8分通り火が通ったらしめじを加えて焼く。鶏肉が完全に火が通ったらしめじと鶏肉を皿に移す。

3.2の鶏肉が冷めたらスライスして1の皿に盛る。お好みでオリーブオイルをかけこしょうをふってどうぞ。

<いなくみのワンポイントアドバイス>
きのこ類を炒める時は焼くようにすると旨味が逃げずにおいしいかおりがでます。また、サラダオイルだけでなく体によいとされるオリーブオイルやピーナッツオイルを使うこともおすすめです。サラダドレッシングにもおいしいですよ。写真はチキンをソテーして、しめじを入れて焼いているところ。右のピーナッツオイルはドレッシングに大活躍。このサラダはパンにはさんでもおいしく食べられますよ。しかもワインにとってもおいしいの♪

また、野菜をお皿の奥に盛り付けてスライスしたチキンを手前に、しめじをチキンに飾るとメインディッシュになります。レモンなど添えるとおいしいですよ。

11 15

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年10月 2日 (火)

炊飯器で炊くモチモチ栗ご飯と家のあかり

~モチモチとした食感がおいしい栗ご飯、もち米入りだから冷めてもおいしい~

7_2

おはようございます。今日は写真が小さいけどなぜかというと、我が家の栗ご飯は高齢の両親のために栗は全部細かくするからあまりきれいに写真が撮れなかったのです。あとから気がつきました。本当はもっと細かくして届けます。

前置きが長くなりましたが今日は栗ご飯。

<材料3合分>

  • 栗・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500g
  • 米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2合
  • もち米・・・・・・・・・・・・・・・・・・1合
  • みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. 栗は鍋に少量の水を入れてふたをして中火で蒸すように煮て柔らかくなったらざるにあげて冷めたら皮と渋皮をむいておく。
  2. 炊く30分前にもち米とお米は洗い炊飯器で分量どおりの水加減にあわせておく。
  3. 1の栗とみりん、塩少々を入れて炊飯器で炊きます。

9 8

栗を煮ているお鍋は三層構造鍋を使っています。極少量の水で煮るので旨みが逃げません。右の写真はご飯が炊き上がったところ。ここで我が家は栗を小さくしてご飯に混ぜ込みます。お好みでごま塩をどうぞ。

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。

読書の秋ですね。我が家のあかりはほとんどが白熱灯、時々キャンドル。窓辺のあかりは秋の気配。この花器は木に漆が塗ってあり真ん中にお花を入れるようになっているの。お花を一輪入れられる花器は大好き。一輪だけでも趣がでますね。

二つのスタンドは香蘭社と大倉陶園の花器をスタンドにしてもらったもの。私のお気に入りなんです。大倉陶園の白い陶器の花器は結婚したときのお祝いにいただいたもの。もう27年も二人の人生をみつめていてくれる大切なスタンドになりました。26歳で結婚したから親と暮らした歳月よりも夫と二人の生活が長くなりました。感無量です。

3 4

この椅子に座って読書をするのが好き。音楽を聴いて本を読み、ふと窓をあけるとたくさんの虫の合唱。音楽を消してしばらく虫の声で安らぎます。

6_2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

お役立ち アドバイス

お役立ち NO1 お料理に強力粉を上手に使いましょう

~焼きだし豆腐~

122

お豆腐に薄力粉ではなく強力粉を使って油で焼くとカリッとおいしくできあがります。

揚げ出し豆腐はおいしいけど油をたくさん使うし、油はねも気になります。フライパンで極少量の油で焼くとヘルシーにできます。

まずお豆腐一丁をキッチンペーパーで包みお皿に入れて電子レンジで1~2分加熱する。余分な水分を取り除き、食べやすい大きさに切って強力粉をつけてフライパンに油を敷いて焼きます。

カリッとおいしくできあがりますよ。お好きな薬味を用意してめんつゆをそえていただきます。手軽でとてもおいしいです、お試しくださいね。

。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~

お役立ち NO2.コーヒーゼリーの超簡単作り方

コーヒーメーカーであっという間にできちゃいます

最近コーヒーメーカーを買いました。店頭にあった一番スタイリッシュなものを選んだら偶然東芝製だった。家に帰っていつもはあまり見たことがない取扱説明書を読んでいたら、レシピが載っていました。

びっくりしたことにコーヒーを抽出したボトルにそのままゼラチンと砂糖を入れて作るコーヒーゼリーの作り方がありますた。

もうびっくり!さっそく作ってみました。簡単!是非お試しくださいませ。

5

1 2

<材料>

  • コーヒー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4カップ分
  • 粉ゼラチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9~10g
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
  • トッピング用の生クリーム牛乳など・・適宜

<作り方>

  1. コーヒーを抽出する。
  2. 1のコーヒーに粉ゼラチンを振り入れてよくかき混ぜ、砂糖を加え更にかき混ぜて溶かす。
  3. グラスなどの容器に入れて冷やし固め、ホイップクリームまたは牛乳をかける。

最近のゼラチンはお湯にすぐ溶けるようにできているみたいですね、もし心配な方は抽出したコーヒーの一部をカップに入れてそこにゼラチンを溶かしてからボトルにもどしてくださいね。

こうゆうお役立ち情報はメルマガなどで配信してくれくれるといいな~と思うけどどうかしら?

今日から10月、東芝ネットワーク家電フェミニティ倶楽部ではキャンドルの美しい使い方を掲載しています。笹の形をしたお皿にポンポン菊をのせてまるでお饅頭みたいにみえて楽しいの。スタンドのあかりとキャンドルのあかりがきれいで大好きな写真なんだ~みてね♪

90

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »