2017年4月28日 (金)

電子レンジで簡単!チキンのニンニクとオリーブオイルの柔らかジューシー酒蒸し 

170413
電子レンジで鶏肉をジューシーでふんわり柔らかく蒸す方法はズバリ!オリーブオイルにあり。
使ったオリーブオイルはカスティージョ・デ・タベルナス0.1のEXバージンオイル 

<鶏もも肉1枚>

  • 鶏もも肉・・・250g
  • CDT0.1ピクアル・・・小さじ2(EXバージンオイル)
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • 日本酒・・・大さじ2
  • ニンニク・・・薄切り7枚
  • ローズマリー・・・1枝

<作り方>

  1. 鶏もも肉は塩こしょうをしてCDT0.1ピクアルを鶏肉に揉みこみ30分置く。
    170415_3
  2. 器に1の鶏肉とニンニク、ローズマリーを鶏肉の上に乗せ、日本酒をかける。
  3. ラップをして電子レンジ600Wで3分加熱する。きれいな肉汁がでれば加熱されています。(肉の大きさで加熱時間を調節してください)
  4. そのままラップをして粗熱を取る。
  5. 皿に野菜やソーセージを盛り、鶏肉を切って盛り付ける。お好みでEXバージンオイルを鶏肉にかけていただきます。

170414
ツヤツヤジューシーな鶏の酒蒸し、とっても簡単でおいしいよ。酒蒸しのスープは絶対に捨てないでね。
ベジタブルスープができます。明日はスープのレシピを。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

新玉ねぎと豚肉のガーリックオイル焼き

【日本一のおいしさ、青森県田子町産のニンニク】と【カスティージョ・デ・タベルナス0.1のEXバージンオイル】を使った簡単でおいしい豚肉料理の紹介です。

170411
ニンニクには色々と効能があるのですが、その中で一番に挙げたい効能は疲労回復です。豚肉と合わせると更に効果があがります。
こんなに立派なニンニクでしょ^^たっこ王子もかわいいね。

170410
オリーブオイルでカリッと焼いたニンニクをトッピングして、サッと炒めた新玉ねぎと合わせるとビールにもワインにもご飯にもバッチリですよ。
ではレシピを

<材料2人分>

  • 豚肉生姜焼き用・・・4枚(150g)
  • ニンニク・・・一片
  • 新玉ねぎ・・・1/2個
  • CDT0.1ピクアル・・・大さじ1(EXバージンオイル)
  • 塩こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1/2
  • 薄力粉・・・適宜

<作り方>

  1. フライパンにオリーブオイルを入れて、ニンニクの薄切りを弱火で香りがでるまで焼く。カリッとキツネ色になったらクッキングペーパーに移す。
  2. 1のフライパンに中火で薄切りにした玉ねぎをサッと炒め、皿に取る。
  3. 豚肉は軽く塩コショウをして薄力粉を薄くつけて2のフライパンで両面焼く。油が少ないようならオリーブオイルを少量足す。
  4. しょうゆとみりんを3に加えて肉にからめ、皿に盛る。
  5. 2の玉ねぎと1のニンニクをトッピングして、お好みでしょうゆをかけていただきます。

しょうゆとEXバージンオイルはとても相性がよいのでみりんは控えめにしてあります。
付け合わせはマッシュポテトです。

noteヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでいてもおしゃれな暮らしがしたい、という女性のために、カスティージョ・デ・タベルナス0.1のある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

カスティージョ・デ・タベルナス0.1に興味のある方はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

小さいブーケを買ったらグリーンの葉を生かして買い足そう

毎日お花に囲まれた生活は憧れますが、お花は高価ですね。少しでも長く花を楽しみたいです。ブーケを買うと必ずグリーンの葉物が入っています。グリーンは割合長持ちするので、花を一輪買い足しながらより長くブーケを楽しみたいと思います。

170406

最初に買ったブーケ。落ち着いた色合いが素敵です。

170408
スイトピーとカーネーションとグリーンにスプレーバラを一本買い足して生けました。

170407
ブーケの後ろにグリーンが見えますが、今回までよく持ってくれました。
【キッチンにもお花を】今年のモットーです。

170409
新しい食器戸棚からダイニングを見るのが好き。一日中ここで過ごしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

カニグラタンでワンプレートディナー

170405_3
カニグラタンを作ったらちょっと多かったので、小さいココットにも作っておきました。さて、前菜にしようかどうしようかと思ったのですが、ワンプレート盛りにしてみました。
盛った料理は
サラダ菜ときゅうり、トマトと新玉ねぎのサラダ
プレーンオムレツ
ボイルソーセージ
カニグラタンはホワイトソースを作り、カニと玉ねぎをバターで炒め、茹でた表面に筋の入った小さいリガーテと一緒にホワイトソースに混ぜてチーズをかけて焼きます。小さいココットで作るのもおいしいですが、やはりワンプレートは我が家のスタイルとしては向かないな~と思いました。
ワインをおいしく飲む!が主役ですと一品づつサービスするほうがよりおいしくお酒が飲めるということに気が付きました。
ワンプレートは洗い物が少なくて済むのが利点ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

近況

ブログの更新ができなくて申し訳ありません。実は新しいことに挑戦しはじめました。

①SNSのGoogle+です。大分以前に登録をしていたのですが、使い方がよく分からなかったこともあり、今までほとんど使っていませんでした。最近、突如使ってみようかしら?と思い投稿し始めたのですがとても使いやすいです。まだ始めたばかりなのでコンテンツは少ないですが、よろしければどうぞ。
Google+←←←

②5年ぶりに花がたみマガジンNO.49号を花がたみにいらした方や仕事関係の方々に送付しました。以前は花がたみに参加されたかたに写真やレシピをお渡しするツールでしたが、最近はニュースレターとしてお配りしています。

170402_2

③一年かけて家のリノベーションをいたしました。アクセントウォールをブラック系にして家を引き締め、壁紙に合わせた食器戸棚を作り、食器戸棚の収納についてたくさん勉強いたしました。そこで気が付いたのですが、収納の悩みには個人差があるということ。その悩みをお聞きするレッスンを始めようと思いました。
収納のレッスンはプライベートな内容なので写真等は載せませんが、色々な悩みがありますね。私ももっと勉強しないといけないと思いました。遠方のご両親の心配事などはつい熱が入ります。
今後も時間をかけて皆さんの収納の悩み事をご一緒に考えて解決していきたいと思います。
収納についてのご相談は2時間 お茶とお菓子付きで3千円です。(女性限定です)興味のある方はまずはメールでお問合せください。k-tamakazura@nifty.com

④一から作った公式サイトの更新や手直しもしています。花がたみ公式サイト https://www.inagawa-kumiko.com/

気が付けばもう4月も半ばになりましたが、また冷蔵庫の中にあるいつもの食材の料理レシピも作ります。お付き合いくださいね。
東京のお花見は終わりましたが、これからがシーズンの皆さんはお楽しみくださいね。
ではpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

こんにゃくと牛肉の甘辛煮 こんにゃくの使い方のポイント

こんにゃくは色々と役立つ食材で、炒めても柚子みそがけにしても甘辛く煮てもおいしく食べられます。
今日はこんにゃくを使う前のひと手間かけて、さらにおいしくいただきましょうという提案です。
地味な料理ですが、ご飯にもビールにもよく合います。

170401_3

こんにゃくはまず茹でます。中心までしっかりと火を通すことで臭みも抜けます。
炒め物や甘辛煮にするときは小さく切ってからフッ素加工のフライパンを中火にして水分を飛ばすように炒めます。このひと手間で味が染みやすくおいしく料理が仕上がります。
この料理は派手さはないですが、数日保存できるので便利な料理です。

特にレシピはないのですが、作り方は茹でてフライパンで乾煎りしたこんにゃくを鍋に入れて、水と醤油、砂糖、塩、酒で煮ます。牛肉を食べやすい大きさに切って入れて、火が通れば出来上がりです。

余っているこんにゃくを使っておいしい一品をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

豚バラとごぼうの炒め物

170328
シャキシャキのごぼうがお好きならごぼうを茹でずに、私は柔らかくしてから炒めます。

<材料2人分>

  • ごぼう・・・1本
  • 豚バラの薄切り・・・100g
  • しょうゆ・・・大さじ1.5
  • みりん・・・大さじ1.5
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ごぼうは斜め薄切りにして柔らかくなるまで茹でる(シャキシャキがお好きなら茹でずに水でさらしておく)
  2. 豚バラは食べやすい大きさに切り、少量の塩とこしょうをふる。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、2の豚バラを炒める。油が出てきたら1のごぼうを入れて炒め、しょうゆとみりんで味付けする。

豚バラのうま味とごぼうがうまくマッチしておいしい組み合わせですね。ごはんによく合います。
湯豆腐や冷ややっこなどの組み合わせはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

余った焼き豆腐と豚肉の活用。豚肉と焼き豆腐のピリ辛みそ炒め

170318
焼き豆腐は、ちょっと余ると、どんな料理ができるのだろうと焦ることありませんか。
冷凍庫に残っている豚肉を活用してご飯にもビールにも合う一品をご紹介いたします。

<材料2人分>

  • 焼き豆腐・・・1/2丁
  • 薄切り豚肉・・・80g
  • 白ネギ・・・1/2本
  • ニンニク・・・1/2片
  • 甜面醤・・・小さじ2
  • 豆板醤・・・少々
  • しょうゆ・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • 水・・・30ml
  • 片栗粉・・・適宜
  • サラダ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. 豚肉は食べやすい大きさに切り、塩とこしょうをして軽く片栗粉をはたいておく。
  2. 焼き豆腐は一口大に切っておく。
  3. フライパンを中火で熱してサラダ油をひき、ニンニクと白ネギのみじん切りを加えて香りが出たら、1の豚肉を炒める。
  4. 焼き豆腐を加えて甜面醤と豆板醤を入れて火を弱め、甜面醤を焦がさないように炒める。
  5. 水を加えて焼き豆腐に火を通し、しょうゆを入れて味を見る。とろみが足りなければ、水溶き片栗粉を加える。

ビールを飲みながらの夕食。

170316
ピスタチオの入ったハムとほうれん草の胡麻和え。

170317
茶碗蒸し。スプーンを右で持つのでハンドルは左に。

170318_2
焼き豆腐と豚肉のピリ辛炒め。写真が茶色くてなんだかわからない状態ですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

EXバージンオイルで根深汁

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでいてもおしゃれな暮らしがしたい、という女性のために、カスティージョ・デ・タベルナス0.1のある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

カスティージョ・デ・タベルナス0.1に興味のある方はこちらから。

Ex170312_2

根深とは白ネギのこと、根深汁は白ネギだけの味噌汁を指します。
寒くなると甘みが増しておいしくなるネギをオリーブオイルで焼いて味噌汁に入れていただきます。ではレシピを

<材料2人分>

  • 白ネギ・・・1本
  • だし汁・・・300ml
  • みそ・・・大さじ1
  • 一味・・・少々
  • CDT0.1ピクアル・・・大さじ1

<作り方>

  1. フライパンを中火で熱してCDT0.1ピクアルを加え白ネギを1cmのぶつ切りにして両面こんがりと焼く。Ex170310
  2. 出汁を入れた鍋に1のネギを入れて温め、みそを加えて火を止める。   Ex170311
  3. 器に盛り、一味を振っていただきます。

Ex170313
CDT0.1でネギを焼くと甘みが増してとてもおいしい味噌汁になります。
お味噌は発酵食品です、味噌汁は身体を温めるだけでなく腸内環境を改善する働きもあります。味噌とオリーブオイルは、意外にも相性が良いものです。是非お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ローズマリー風味の笹かまオリーブオイル焼き

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでいてもおしゃれな暮らしがしたい、という女性のために、カスティージョ・デ・タベルナス0.1のある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)
スタイリングについてはレシピの後に書いてあります。ご参考まで。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1に興味のある方はこちらから。

Ex170307
簡単で美味しい週末の日本酒やワインのつまみです。

グリルを使って、チーズに焦げ目がつくまで焼きます。ローズマリーのかおりとチーズ、おいしい組み合わせです。

<材料 笹かま1枚>

  • 笹かま・・・1枚
  • ローズマリー・・・1枝
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ1/2~1(笹かまの大きさによります)
  • CDT0.1ピクアル・・・大さじ1

<作り方>

  1. パルミジャーノチーズを削って笹かまの上に盛り、ピクアルをかけてローズマリーの枝を乗せる。                                                        Ex170309
  2. 温めたオーブンやグリルでチーズが溶けるまで焼く。
  3. 皿に盛り、お好みでピクアルをかけていただきます。

Ex170308
週末をんびりと過ごしたいときに、お気に入りのテーブルマットやカトラリーでテーブルをコーディネートして、簡単にサラダや笹かまぼこのオリーブオイル焼きなどをつまみに、ワインを飲みながらリラックスするのはいかがでしょうか?
笹かまぼこは魚のすり身が凝縮しているので、ボリューム感があります。

150203

使った笹かまぼこは高政さんの石持です。プリプリ食感がたまらなくおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«カレーピラフにEXバージンオイルのスクランブルエッグを添える(少し上級者向け)