2018年9月19日 (水)

牛肉と豚肉で作るつなぎを入れないハンバーグステーキ

180937
パン粉や卵、牛乳を入れないで作る肉のうま味がダイレクトに伝わるハンバーグです。
ティーカップにソースを入れてお好きな量をかけていただきます。
<材料2人分>
  • 牛モモ肉・・・150g
  • 豚ロース肉・・・50g
  • パルミジャーノレッジャーノ・・・大さじ1
  • EXバージンオイル・・・小さじ1
  • タマネギ・・・大さじ1
  • スパイス・・・少々(ナツメグ・タイムなど)
  • 塩こしょう・・・少々
  • ローズマリー・・・1枝
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • ウスターソース・・・大さじ2
  • 薄力粉・・・少々
  • サラダ油・・・少々(オリーブオイルでも)
<作り方>
  1. フードプロセッサーで牛・豚・玉ねぎをミンチにしておく。
  2. ボールに1とパルミジャーノ、オリーブオイル、スパイス、塩こしょうを入れて手で混ぜ合わせる。
  3. 2等分にしてミンチの空気を抜く。
  4. あれば9cmのセルクルに3を入れて成型する。高さは約2cm。
  5. フッ素加工のフライパンを中火で熱してサラダ油又はオリーブオイルを少量入れて、4のセルクルを外したミンチに軽く薄力粉をつけて焼く。(ローズマリーがあれば入れる)
  6. 両面焼き色がついたら耐熱容器に移し、180℃に熱したオーブンで10分焼く。
  7. 焼きあがったら皿に取り休ませる。
  8. 耐熱容器に残った焼き汁を鍋に入れてケチャップとウスターソースを加えて弱火で煮詰めてソースを作る。
180931
フードプロセッサーで好みのミンチ状態にする。
180930
セルクルで成型して、あればローズマリーのせて冷蔵庫で1時間寝かせる。
180938
9cmのセルクル。ハンバーガーを作るときにも丸くできるので便利です。
180939
今回はソルティーワヒネのハーブの塩。色々なハーブが入っていてお肉料理に便利です。
180934
フライパンで焼き色をつけたところ。薄力粉をつけるとミンチの周りに幕ができて肉汁があふれるのを防ぐ役割があります。つなぎを入れていないので薄力粉をつけるのはポイントです。
180940
ウスターソースは万能なのであるととても便利です。焼きそばなどにも私はウスターソースを使います。
180936
ソースを作っている間に休ませていたハンバーグステーキが落ち着いてきます。
マッシュポテトとパスタを添えて炒めたベーコンと一緒に、ソースをお好きなだけかけていただきます。
180932
ワインも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

ひとり暮らしにぴったりのローズマリー風味の鶏モモ肉とジャガイモのオーブン焼き

180926_2
ひとりでのんびりと食事をするときにぴったりの一品です。オーブンに入れておけば20分で出来上がりです。
<材料1人分>
  • 鶏モモ肉・・・1枚(200g~250g)
  • ニンニク・・・一片
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • ローズマリー・・・1枝
  • EXバージンオイル・・・大さじ1
  • ジャガイモ・・・1個
<作り方>
  1. 鶏もも肉に裏表数か所フォークを刺しておく。塩こしょうを揉みこんでニンニクのスライスとローズマリーをのせて、EXバージンオイルをかけて冷蔵庫に30分寝かす。
  2. オーブンは180℃に温めておく。
  3. ジャガイモは皮をむいて4等分にして、電子レンジで楊枝が通るぐらいまで加熱する。
  4. クッキングペーパーを敷いたテンパンに鶏モモ肉を置く。3のジャガイモも入れてEXバージンオイル(分量外)を少量かけて20分焼いて15分冷ます。
  5. 皿に食べやすい大きさに切った鶏肉とジャガイモを盛る。
180928
塩こしょう、ニンニク、ローズマリー、EXバージンオイルをかけて冷蔵庫で30分寝かす。
180927_2
テンパンに材料をのせて180℃のオーブンで20分焼く。
180929
皮目をもっとパリッとさせたいときはあらかじめフライパンで焼き目をつけるときれいに焼けます。
またはオーブンを220℃ぐらいにして30分ぐらい加熱するときれいに焼けますが、肉は少し硬くなります。
焼きあがった鶏肉を器に取り、肉汁をかけてラップをして15分休ませると更にしっとりとうま味が増します。
180926_3
ひとりで食事をするときもこんな風におしゃれをすると楽しい食卓になりますね。
バカラのグラスには日本酒という組み合わせです。
チキンが余れば翌日はサラダにしてバゲットと合わせてどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

稲庭うどんでランチタイム

180924_2
稲庭うどんを初めていただいたのは20歳のころでした。銀座に秋田料理のお店があってきりたんぽなどをいただいて最後に温かいおうどんをいただきました。
その頃はまだ、濃い目の味付けでお醤油のかおりがおいしい味わいでした。
すっかり気に入っていたのですが、なかなか市販されずここ10年ぐらいでしょうか近くのスーパーでも手に入るようになりました。

稲庭うどんのお店も増えて銀座にもあります。昔とは味付けが変わりましたが上品な味わいで東京で人気のお店です。
冷たいごまだれもおいしくて、夏には時々我が家にも登場いたします。
今回は胡麻とウズラの卵、刻みネギでいただきました。
冷たい麺類もそろそろ店じまいでしょうか。名残りの稲庭うどんとなりました。
ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

巻きずしの練習

180921_2
結婚したばかりのころにトンカツ巻という巻きずしを作って以来の挑戦をしています。
第一歩から勉強して料理してみようと思います。
写真は2度目の巻きずし。
180912
具の基本をかんぴょうに定めて、柔らかく戻して煮てみました。
180911
シイタケも戻して、一緒に煮る。
180918
卵焼き、シイタケ、かんぴょう、三つ葉を入れてうまく巻けるか挑戦しました。
かんぴょうの味が薄いので2回目はシイタケとかんぴょうを少し味を入れて
180919
卵焼き、かんぴょう、シイタケ、カニカマ、三つ葉です。かんぴょうはもう少し水分を飛ばしておくのがよさそうです。
全体の味はなかなかよかったです。かんぴょうをうまく煮ることが大切なんですね。
三つ葉の緑がうまくでていないのが次への挑戦です。
次回はアナゴも入れて豪華にしたいです。
海苔は現在の海苔でもよさそうなので、次回はもう少し上手になりたいと思います。
巻きずしの夕食。
180921_3
180920
ほうれん草のお浸しとボストン産の本マグロ。水ナスの漬物。
180923
巻きずし
180922
ギョーザ。
たくさん作ってあったギョーザを冷凍したもの。
焼き方はフッ素加工のフライパンにギョーザを並べ、水をギョーザの半分ぐらいまで注ぐ。
中火にして水がなくなるまで加熱する。
水が無くなったらサラダ油を入れて好みの焼き具合まで加熱する。
この日は日本酒をいただきました。
ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

銀座天龍の餃子と我が家の餃子

銀座のサロンの帰りは天龍の餃子率が高いです。
きれいにネイルしていただいた後は家に帰って料理を作るのが嫌になります。

そんなわけである日の夕食は
180915
ジャンボ餃子です。タレもお店の秘伝でおいしいの。
フッ素加工のフライパンで温めていただきます。
180916
焼き上がりがきれいですね。
180913
我が家の餃子。
180914
焼き上がりにむらがありますね(笑)
どちらもおいしくいただきました。ご馳走さまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

ピリ辛ベーコンとブラウンマッシュルームのスパゲティ

180904_2
ベーコンがたっぷりと入ったボリュームのあるパスタです。
<材料2人分>
  • 厚切りベーコン・・・2枚(薄切りでも)
  • タマネギ・・・25g
  • ブラウンマッシュルーム・・・2個
  • パルミジャーノレッジャーノ・・・大さじ4
  • パセリ・・・適宜
  • スパゲティー・・・160g
  • EXバージンオイル・・・大さじ2
  • 塩こしょう・・・少々
  • ニンニク・・・一片
  • 鷹の爪・・・適宜
<作り方>
  1. フライパンを熱してEXバージンオイルを大さじ1とニンニクを塊のまま入れてニンニクの風味をオイルになじませる。ニンニクは取る。
  2. 薄切りにした玉ねぎ、ブラウンマッシュルームベーコンを炒める。ベーコンから香りが出たら器にとる。
  3. フライパンに大さじ1のEXバージンオイルを加えて、ゆで上げたスパゲティーを入れてオイルと馴染ませる。ゆで汁50mlを加えて、パルミジャーノチーズの半分量も加える。塩が足りなければ塩を加え、コショウも入れる。
  4. 皿に3を盛り、2のベーコン類をトッピングしてパルミジャーノチーズとパセリをかけていただきます。
180905
ではいただきます~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

アサリのワイン蒸し

180903
薄切りトーストに合う、うま味たっぷりのワイン蒸しです。
<材料2人分>
  • アサリ・・・300g
  • キャベツ・・・1枚
  • EXバージンオイル・・・大さじ1
  • ニンニク・・・1/2片
  • 白ワイン・・・50ml
  • 水・・・50ml
  • パセリ・・・適宜
  • 塩こしょう・・・少々
<作り方>
  1. 鍋を中火で温め、EXバージンオイルでニンニクのみじん切りと小さめに切ったキャベツを炒め塩こしょうをふる。
  2. 1に水を加えて、キャベツがしんなりしたらアサリを加えて、白ワインを入れてふたをする。
  3. アサリの口が開いたら味を見て皿に盛る。パセリをかけてトーストと一緒にいただきます。(レモンは飾りでのせました)
180901_3
180902
キャベツの量を増やしたい場合は水を少し多めに入れると良いと思います。
アサリのうま味を吸ったキャベツもおいしいですね。
今日は日曜日、簡単でおいしい酒蒸しはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

ミニステーキ クレソン醤油ソース

180837_2
卵豆腐やワカメとキュウリの酢の物を前菜風にいただき(写真はなし)メインはミニステーキを焼きました。
クレソンの醤油ソースと合わせて苦みのクレソンといっしょにお肉をいただくと割合さっぱりといただけます。
<材料2人分>
  • 牛肉もも・・・120g
  • ニンニク・・・一片
  • クレソン・・・1束
  • EXバージンオイル・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1(海塩を使っています)
  • コショウ・・・少々
  • しょうゆ・・・少々
<作り方>
  1. 牛肉は筋切りをして両面に塩こしょう、オリーブオイルをかけて冷蔵庫で1時間寝かす。
  2. 冷蔵庫から出して30分置き常温に戻す。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で温め、2の肉を入れて片面に焼き色が付いたら裏返す。この時にスライスしたニンニクを加える。
  4. 肉が焼けたら皿にとり休ませる。
  5. 火を止めて、フライパンにしょうゆを加えて手でちぎったクレソンを更に加え、しょうゆと馴染ませる。
  6. 皿にマッシュポテトと肉を盛り、クレソンとソースをかける。
フライパンには油をひきません。塩こしょうとオリーブオイルに漬けた肉をフッ素加工のフライパンで焼くだけです。
あとはフライパンにしょうゆを入れて味をなじませ、クレソンを入れてソースにします。
クレソンはβカロチン、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンCなどが豊富だそうです。
夏に向く食材ですね。独特の苦みが牛肉とよく合いますので是非クレソンを付け合わせでなく、ソースとしてお使いください。
180837_3
柔らかくてとてもおいしいステーキでした、ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

久しぶりのカレー

180832_2
我が家のカレーは豚肉薄切りと玉ねぎだけで作ります。ターメリックライスとベーコンやレーズン、ゆで卵をトッピングしていただきます。
カレールーの中にはポトフを作ったスープを200mlぐらい入れてコクをだします。
タマネギは茶色になるまで炒めるのがポイントであとは市販のルーでとてもおいしくできます。
友人がインドに旅行した際のお土産のカレーパウダーはカレーに少し入れると劇的においしくなるそうよ。ということでスプーン1杯入れてみました。
色々なスパイスが交じり合った食欲がわく香りと風味。洗練されている。
早速いただきましたが、劇的かどうかはわかりませんが、写真のカレーを3皿食べてしまいましたcoldsweats02
次回は食べる直前にカレーパウダーを混ぜてみようと思います。
カレーだけではなく、チキンや魚につけて焼いてもおいしそうなので色々と試してみたいです。
恐るべし、インドのカレーパウダー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

夏休み お子様と一緒に作るジャガイモとコンビーフのグラタン

とても簡単なグラタンなのでお子様とごいっしょにいかがでしょうか?

夏休みは、お子様に普段はなかなか出来ない生活するうえで重要な、家事を覚えてもらうチャンスです。
洗濯物をたたむ、掃除をする、料理を作る、とても大事なことなので夏休み中に時間を決めてお手伝いしてもらいましょう。
当然のことですが、男子も一緒です。
さて、今日ご紹介する料理はジャガイモを牛乳で煮てコンビーフを入れてオーブンで焼く簡単料理です。
180827
<材料2人分>
  • メークイン・・・大1個
  • タマネギ・・・30g
  • コンビーフ・・・1缶(100g)の2/3
  • 無塩バター・・・10g
  • 牛乳・・・100ml
  • 塩コショウ・・・少々
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜
<作り方>
  1. ジャガイモはタワシで汚れを落とし、皮をむいて5mmの輪切りにする。大きいものは半分に切る。水にはさらさない。
  2. 鍋を中火で温め、バターを溶かし、タマネギとジャガイモを入れて炒める。塩コショウをふって牛乳を入れて、沸いたら弱火でジャガイモがやわらかくなるまで煮る。途中牛乳が煮詰まってきたら少量の牛乳を足す。
  3. ジャガイモが崩れるぐらいまで柔らかくなったら味を見て塩が足りなかったら少量加え火を止める。
  4. コンビーフを薄く切って3の鍋に加え軽くかき混ぜる。
  5. 耐熱容器にサラダ油を塗って4を入れ、パルミジャーノチーズを適量上にのせて分量外の小さいバターをのせて、200℃のオーブンで10分焼く。
180828
牛乳はジャガイモの澱粉でトロッとした感じになります。
180829
コンビーフを入れると丁度牛乳と交じり合う感じになります。サッと混ぜて耐熱容器に入れます。
180830
耐熱容器に入れて
180831
パルミジャーノチーズをたっぷりとかけます。市販の粉チーズでも大丈夫です。
180827_2
ジャガイモやコンビーフが熱くなっています。ふ~ふ~しながら召し上がれ(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«簡単焼くだけのハーブソルトポークソテー