2019年1月20日 (日)

ザストリングス表参道のバー&グリル ダンボ でディナー

St190109
ザストリングス表参道は、表参道駅B5出口 地下通路より直結の、並木通りに面したひと際目を引くスタイリッシュな建物が人気です。
St190110
一階のゼルコヴァテラス席は冬でも大人気で、床暖房やパラソルヒーター、ブランケットもご用意いただいて、クリスマスシーズンはカップルを温かくお迎えしたそうです。(写真は前回の時の写真です)
新緑のころテラス席でお茶でもいただきたいですね。気軽にふらりと表参道の美しい街並みを見学するのも素敵。
St190107
2階にあがるとまた別世界が広がります。
オープニングから1年以上が過ぎ、バー&グリル ダンボも風格を増してきました。
今まではランチをいただいておりましたが、今回は友人と二人でディナ-を楽しみました。
やはり食の醍醐味はディナーをいただくことですね。
上の写真はラウンジです。スタイリッシュなバーコーナーとラウンジでウェイティングバーとして、アフターディナーに食後酒をいただくことができるゆったりとした空間です。
待ち合わせに少し早めに出向きバーで食前酒をいただこうと思っていましたが、友人のほうが先にいらしておりました。
NYブルックリン・ダンボ地区の名を冠した「BAR & GRILL DUMBO」素敵な名前ですね。
写真を一部撮り忘れましたがダンボの料理をご紹介します。
St190101
スパークリングワインで乾杯をしてアミューズのあとのシーザーサラダは目の前でドレッシングを作っていただきフレッシュなロメインレタスをいただきました。アスタキレッドの卵黄やガーリック、パルメザンなどを合わせたドレッシングがとてもおいしいです。
St190102 熱々のパイ包みスープ
St190103 お魚料理にも合う赤ワインをお友達にセレクトしていただき、ソムリエさんにワインのご紹介を受けました。
このワインがグリルした海老によく合っておいしかったです。写真は撮り忘れました。
St190104 アンガスビーフのグリル。お野菜もとてもおいしいです。
St190105
デザートはニューヨークチーズケーキ。ホイップクリームはネズミなんですよ。ケーキを狙っています(笑)
このチーズケーキは赤ワインと共にいただきました。チーズケーキはテイクアウトできるのかしら?できるといいですね。
このあとお茶をいただきながら
今年取り組む仕事のことなどお話をして盛り上がりました。
仕事のできる女性は頭の中が理路整然としているのですね。勉強になります。
食事をするということは
大人の女性はスマートなマナーが必要なのですね。
スマートなマナーとは
美しいレストランがあり
おいしい料理と
おいしいワイン
楽しい会話
最後の会計が美しい
この日もたくさんの学びがありました。
またお会いする日まで
私も更に勉強して成長しなければ。
St190108
荒木シェフはとてもお忙しくて
お決まりの写真撮影ができなくて残念でした。
料理もワインもデザートもおいしくて楽しい思い出に残るひと時になりました。
ありがとうございました。
ザストリングス表参道はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

キッチンにも花を生ける

190120
青山フラワーマーケットで黄色の花束を買いました。
寒い冬はパッと明るい黄色の花が映えますね。スイトピーもチューリップも黄色。
その花束をキッチンに飾ると
190119_2
こんなに華やかになります。
暗い部屋を活かすインテリアが目標ですが、キッチン全体は花があることで柔らかく包み込んでくれます。
K190101
床と食器戸棚はダークな色合いでスタイリッシュにして、お花で雰囲気を和らげる。
お気に入りの空間です。
K190102
今日はどんな料理を作ろうかな~
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

牡蠣のオリーブオイル焼き

190117
牡蠣のおいしい季節ですね。簡単に小麦粉をつけてオリーブオイルで焼くだけの料理です。
<材料2人分>
  • 加熱用牡蠣・・・6個
  • EXバージンオイル・・・大さじ2
  • 塩・・・少々
  • 薄力粉・・・適宜
  • レモン・・・2切れ
<作り方>
  1. 牡蠣は洗いクッキングペーパーで水分を取り、塩を少々ふる。
  2. フライパンを熱してEXバージンオイルを加え、薄力粉をつけた牡蠣を両面焼く。
  3. 蓋をして十分に火を通す。
  4. 皿に盛り、レモンを絞っていただきます。
190115
薄力粉をつけるのはうまみを逃がさないためです。
190116
蓋をして牡蠣にしっかりと火を通します。
190118
サラダと一緒に召し上がれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

今日のランチはアナゴちらし

Sp1120212
巻きずしを作った時のアナゴやシイタケ、かんぴょうなどが冷凍してあったのでお寿司を作ってランチにしました。
残っていたシラタキやニンジン、カニカマを一緒に甘辛く煮て混ぜ合わせ、薄焼き卵もちらしていただきました。
家庭料理は食材を無駄にせず、少しずつ冷凍保存をして色々な組み合わせを考えて家族に提供するのが楽しいですね。
一人暮らしの方は2食分になります。一人でも楽しく食卓を囲んでくださいね。
190111
食卓には花がありませんが、キャンドルを灯してちょっと豪華に。
今日もご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

バラ3本を効果的に飾る方法

190105_2
広尾のバラ専門店でリーズナブルな花束を買いました。2本は赤とイエローのバラ、1本はピンクのスプレーバラ。
このバラをちょっとおしゃれにテーブルに飾ってみました。
190109
イエローのバラはコーナーに飾り
190103
スプレーバラはキッチンに
190104
食卓には赤いバラを
190106
今度はスプレーバラを茎を短く切って食卓に、キャンドルといっしょに飾りました。
190107
華やかな雰囲気でピンク色を生かして蓋物のガラスの器に入れて中心をキャンドルで灯します。
190108
3本のバラでも豪華に楽しませてくれます。テーブルにあった赤いバラはキッチンに移動しましたよ。
190109_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

2019年新年に思うこと

181233_2
あけましておめでとうございます。今年も花がたみブログをよろしくお願いいたします。
皆さんはどんな新年をお迎えでしょうか?
私はお風呂の掃除から(笑)
新年早々掃除をするのが好きなのです。お風呂やトイレがきれいだとやはり新年は特にうれしいですね。
写真は日々の料理と我が家のインテリア、ウエスティンホテルのクリスマスです。
小さいお重に入れたランチやお茶タイム。ディナーのカレー。
暗い部屋を生かしたインテリアなどです。
今年の目標は一つのことを掘り下げて、たくさんの予習をして花がたみサロンを開くこと。
そして復習や反省点なども記録しておくこと。
日本語を大切にして、表現力あるコラムを書くこと。そのためにはブログも丁寧に作り上げたいと思います。
難しい設定ではありませんが日々の努力が一層必要だと思います。
今年はこんなことを大切に過ごしたいと思います。
181230
大晦日の食卓
181231
広尾の明治屋のローストビーフはサッと塩をかけていただきました。
181232
お誕生日のお祝いにいただいたシャンパンと共に。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

2018年大晦日

181229
今年もHanagatami Tokyo Styleをご覧いただきましてありがとうございます。
冷蔵庫にあるいつもの食材で簡単にできる料理や、おうちを快適に過ごす方法をブログに投稿してまいりました。
また、自宅サロンではあなたの困りごとをズバリ解決いたしますをモットーに、個人レッスンに励みました。
パーティーを開くための準備を教えて欲しい。というレッスンは簡単にパーティーの内容を伺い、資料を作り最後はパーティー料理を作って実際に予習いたしました。
時間がかかる個人レッスンですが、大勢の方とご一緒のサロン形式とはまた別の勉強ができます。
時間はかかりますがお喜びいただけることは確かです。
来年も引き続き個人レッスンを行いますので、興味のある方はお問合せください。
さて、今年の年越しそばは海老天も奮発しました(笑)
お蕎麦を茹でている間に盛り付けを考えます。
天ぷらをどの位置に置くか、卵は茹でるか薄焼き卵にするかなど頭の中で考えて
盛り付けは一気に手早く。
ネギが雑になってしまったのが悔やまれますが、写真映りとしては良かったように思います。
では皆様良いお年をお迎えください。
テーブルコーディネーター 猪名川久美子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

一人暮らしでも簡単にできるロール白菜

181219_2
白菜1/4カットで作る一人暮らし、二人暮らしの方のロール白菜の作り方をご紹介します。

<材料4個分>
  • 白菜・・・1/4の外側の4枚と内側のところを組み合わせて
  • 鶏ひき肉・・・30g
  • 豚ひき肉・・・170g
  • タマネギ・・・30g
  • ベーコン・・・1枚
  • ブラウンマッシュルーム・・・1個
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • 水・・・400ml
  • ローリエ・・・一枚
  • 顆粒コンソメの素・・・ひとつまみ

<作り方>

  1. 白菜は芯の部分が柔らかくなるまで茹でて、ザルにあげ冷ます。
  2. ボールに常温にした鶏と豚ひき肉を入れて手で混ぜる。塩こしょうを入れて混ぜる。
  3. タマネギのみじん切りとブラウンマッシュルームの粗みじん切りも加えて軽く混ぜる。
  4. 1の白菜に3を置いてクルクルと包む。
  5. 鍋に水とローリエと顆粒コンソメの素を加え沸かす。一旦火を消して3のロール白菜を入れ、ベーコンの半分を食べやすい大きさに切り加える。
  6. 中火で10分煮て味を見て足りなければ塩こしょうを足す。皿に盛り付け、半分のベーコンを4等分にして焼いたものをトッピングする。
181216
白菜を写真のように組み合わせておく。
181221
茹でてざるにあげて冷ます。
181223
お団子は4等分にする。(写真は5個分)
181222
茹でた白菜は組み合わせる。
181224
白菜の真ん中ぐらいにお団子を置いて包む
181225
きっちりと白菜で巻き、形を整える。
181226
水と顆粒コンソメを入れて沸かし、いったん火を消してロール白菜とベーコンを入れて中火で10分煮る。
181227
スープの味が足りなければ塩こしょうを足す。
181228 大きな白菜を買わないとロール白菜ができないと思っている方は
是非この方法でお作りくださいね。
181219_3
出来上がり。
写真は5個分ですが、レシピは4個分のレシピです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

南部美人で乾杯

181213

一品目は茶碗蒸し。この日はエノキダケ、鶏肉、カニカマ、ほうれん草で作りました。
最近は茶碗蒸しを良く作るので、火加減も適当に加減をしながら作れるようになりました。
お酒は冷で。
181212_2
二品目は冷やしナス。そうめんと鶏の酒蒸し、しょうがのすりおろしでいただきます。
トレーにも映えるようにガラスの器と鍋島焼の器のコラボ。江戸切子のグラスとも色合わせをした美しい組み合わせです。
181214
三皿目は焼き蛤。
181215
南部美人はおいしいな~
品数は少なめですが、のんびりとおいしくいただきました。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

クリスマスはあわ酒スパークリングでアフタヌーンティーパーティー

T181201_2
南部美人の発泡清酒あわ酒スパークリングを乾杯酒に、午後のお茶会をいたしました。
冷たく冷やしたあわ酒をコルクを抜くと日本酒のかおりが広がります。
シャンパンのようなきめ細かい泡だちと優雅なかおり、すっきりと優しい味わいですが、日本食ばかりではなく、洋食にも合いそうです。
T181209
このバカラのグラスで日本酒をいただくのが好きです。あわ酒も非常に美しく演出してくれます。
さてアフタヌーンティーは英国式のケーキスタンドの代わりに、3段のミニお重に和のお菓子と巻きずしを入れてみました。
T181213
ケーキ皿とティーカップ、デミタスカップを用意して、ティーカップにはほうじ茶を、デミタスには煎茶を用意しました。
T181206
あわ酒で乾杯をしてお重の三段目からいただきます。
T181208
蓋をあけるとこんな感じで盛り付けられています。
T181204
アナゴ寿司とアボカドとクリームチーズのサラダ巻。
T181210
お皿に盛り付けてあわ酒といっしょにいただきます。
時間をかけてゆっくりと、ふっくらと煮た、かんぴょうとしいたけのうま味とアナゴがマッチしてあわ酒とよく合います。
アボカドとクリームチーズは和風の味付けにして、トッピングにイクラとごまで味の奥行を出してみました。
こちらもあわ酒によく合ってお酒も巻きずしもとてもおいしいです。
T181203   
2段目は
日本橋長門の江戸風切羊羹はさっぱりとした味わいなので、あわ酒とも合います。
T181202_2
1段目は
季節のお菓子
T181205
お茶も数種類用意すると楽しいですね。
T181207
テーブルの花は小さいクリスマスリースをつけたキャンドルスタンドと赤い実や松ぼっくりを合わせました。
T181214
テーブルは小さく折り畳んで、おしゃべりがはずむような演出をしました。
T181211
キャンドルはこんな感じでアレンジをしています。赤い実やリースは毎年使えます(笑)
T181212
お茶会が終わり夜は、バカラのフルートグラスできらめく泡を眺めながら夕食をいただきました。
あわ酒、とてもおいしいお酒です。
来年はこのお酒を中心に活動をしていきたいと思います。夢が広がるお酒ですね。
ご馳走様です。
南部美人はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«焼き海苔と日本酒