2018年10月18日 (木)

豚バラとあさり、ジャガイモの炒め物

181017
塩味のきいたお酒にもワインにもおいしい一皿です。
<材料2人分>
  • 豚バラ・・・5mm厚さで100g
  • アサリ・・・中ぐらいの大きさ10個
  • メークイン・・・1個
  • ニンニク・・・1かけ
  • 塩・・・小さじ1/2
  • コショウ・・・少々
  • 酒・・・大さじ1
<作り方>
  1. 豚バラは塩コショウを振って1時間冷蔵庫で寝かす。
  2. アサリは砂をはかせる。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して1の豚バラを焼き皿に取る。
  4. フライパンにスライスしたニンニクを加え電子レンジで加熱したジャガイモを炒め、アサリと酒を加え、豚バラを戻して弱火にしてふたをする。
  5. アサリの口が開いたら皿に盛り付ける。
味わい深い一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

ぶどうのコンポートでSAKEカクテル

181016
昨日はひとりでのんびりと夜を楽しみました。
まずはアペリティフを日本酒のカクテルで。
181011
ブドウのコンポートを2粒とシロップをグラスに注ぎ、日本酒を入れます、お好みでレモンを絞ってどうぞ召し上がれ。
甘くてジュースのようなカクテルは女性好みの飲み物です。ぶどうもおいしい。
コンポートの作り方はお手数ですがこちらからご覧ください。
アペリティフの後はテイクアウトしたサーモンマリネなどをいただきました。
181015
アペリティフのあとの飲み物は、冷やした日本酒をこのグラスでいただきました。
日本酒がおいしく感じるグラスです。
ご馳走様です。楽しいひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

ピオーネのコンポート

181011_2
ブドウのシーズンになると必ず作るコンポートです。

<材料>

  • ピオーネ・・・30粒(種なし)
  • 水・・・100ml
  • 砂糖・・・20g

<作り方>

  1. ピオーネは房を外し、きれいに洗って鍋に入れ、水と砂糖を加えて中火で茹でる。
  2. 沸騰してきたら火を止めて冷ます。
  3. 皮を取ってぶどうは保存容器に入れる。皮はぎゅっと絞りシロップの中に入れて漉してからぶどうと一緒にして冷蔵庫で冷やす。
181013
181012
巨峰を使うとブドウの色がもっと鮮やかできれいに出来上がります。
161006
ほら、こんなに鮮やかでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

アナゴの巻きずし 練習4回目

181005_2
4回目となった巻きずしの練習ですが、今回はかんぴょうにもこだわって、しっかりと煮ました。
181008
塩でもみ洗いしたかんぴょうを柔らかくなるまで茹でて、シイタケと一緒に甘辛く煮ました。
181006
かんぴょうがふっくらとおいしくできてうれしいです。
しいたけは今回はあまり上等のシイタケではなかったのですが、次回は肉厚のシイタケを使ってみたいです。
かんぴょうは茹でるときに好みの柔らかさにしておかないと、味付けするときには柔らかくはならないので気をつけたいところです。
181005_3
あとは酢飯の量を少し多くして一応完成としたいです。
まだまだ上手ではないのですが、味は決まったので次なるステップに進みたいと思います。
三つ葉も工夫して巻き込みたいと思います。
ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

油揚げとしし唐のフライパン焼き

181002
油揚げとしし唐は相性がとても良いと思います。お酒のつまみに、ご飯のおかずに重宝します。
<材料2人分>
  • 油揚げ・・・1枚
  • しし唐・・・2個
  • ミョウガ、ネギ・・・刻んだもの大さじ1
  • しょうゆ・・・適宜
<作り方>
  1. 油抜きした油揚げを横4等分、縦2等分にしてフッ素加工のフライパンで中火で両面を焼く。
  2. 縦2等分にした、しし唐の種を取り、細切りにして、焼き色のついた油揚げと一緒に焼く。しんなりとしたら皿に盛り、ミョウガとネギをトッピングして醤油でいただきます。
181001
盛り付けた器は伊万里鍋島焼 畑萬さんの器です。
この器に盛り付けると、冷蔵庫にあるいつもの食材が、お上品にみえて好きです。
pencil真っすぐに真っすぐに伸びる竹
どこまでも自己主張する竹
その竹を畑萬さんが描くと、実に柔らかくそして葉はしなやか
凛としたイメージの白磁もそのフォルムは柔らかで私の心をとらえる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

最近作った朝食やランチなど

180980
ある日の昼食に作った親子どんぶりです。
皮つきもも肉と玉ねぎをだし汁と醤油みりんで味付けて、ご飯の上にもみ海苔と親子をかけていただきました。
お丼物はあまり好みではないのですが、ランチとしてはボリュームがあって簡単でたまには良いですね。
180981
マッシュルームとベーコン玉ねぎのパスタ。
パルミジャーノチーズを削ってかなりいれましたがとてもおいしくできました。
鷹の爪でピリリと辛くしています。
180982
今年、最後となる冷やしキツネ&たぬきをランチでいただきました。
錦糸卵、カニカマ、甘狐、揚げ玉、シイタケの甘煮を入れています。
頂くときに
180983
もみ海苔をかけてどうぞ。
180984
塩じゃけのご飯。酢飯に焼いた鮭と海苔、ゴマを混ぜてトッピングはいり卵で少し味に変化をつけました。
こちらは朝食でいただきました。
朝は炊き立て白ごはんですが時々はこんな感じの朝食もあります。
ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

巻きずし3回目は江戸の味 あなご専門店の玉ゐのアナゴで食す

180975_2
巻きずしにアナゴを入れたいと思い、どこのアナゴにしようかな?と思っていたら、フェイスブックのお友達が玉ゐさんでランチをとっていらっしゃいました。確かテイクアウトができると思い早速週末に買いに行きました。
ランチ時、たくさんのお客様が並んでいましたよ。
180973
アナゴはこんな素敵な箱に入っています。
180972
素敵!(^^)!
180971
ふっくらとした柔らかいアナゴです。上等すぎて巻きずしが心配です。
180974
卵焼き、かんぴょう、しいたけ、カニカマ、玉ゐのアナゴ。
巻き方を失敗してしまいましたが、とてもおいしい巻きずしが出来上がりました。
次は具を厳選して、かんぴょうももう少ししっかりと煮あげたいです。酢飯も前回よりも多めに入れたのでなかなか難しいですが、次回はもう少し上手に仕上げたいです。
さて、復習をしなければ。
玉ゐはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

日本橋 長門のお菓子でお茶時間

180963_2
日本橋にある長門(ながと)は300年の歴史ある和菓子屋さんです。百貨店の髙島屋の近くにひっそりとした佇まいが目を引くお菓子屋さんです。
あまり宣伝もしていないのに、お客様はひっきりなしに来店します。
水羊羹や栗蒸し羊羹、くずもちなどが人気です。私も栗蒸し羊羹を求めに来ましたが、25日からとのことで違うお菓子を買いました。
お茶の時間はひとりでのんびりと。
180964
移り行く季節のお菓子。栗と透明感のある寒天と小豆の組み合わせにひさごの形。どれも日本の美。
上品であっさりとした味わいは煎茶によく合います。
180965
こんなトレーを使えばお茶の時間も楽しい。
江戸風お菓子どころ長門はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

紅茶をおいしくいただくための朝食

180959
今日の朝食はミルクティー(笑)
紅茶を最大限においしくいただくための朝ごはんは、薄いサンドイッチです。
ボリュームたっぷりのサンドイッチはコーヒーのほうがおいしく感じるので今日は紅茶のための朝食をご紹介します。
180958
バターとマスタードを塗ったサンドイッチ用のパンにハムだけのサンドイッチと卵のサンドイッチというシンプルな朝食を用意しました。
ミルクティーにはこれがよく合います。
180957
具材をサンドしたら縦横に切ってお皿に盛り付け。本当はもう少し小さく切りたかったのですが、自信がない(笑)
食後は幸水。甘くておいしかった、ご馳走さまです。
180956
テーブルのお花は小さいスプレーバラです。可憐な雰囲気が素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

京橋伊勢廣とシルバーライフの素敵計画

180952_2
再開発が進む京橋にあって、昔の風情を今に残す焼鳥専門店の伊勢廣さんで、友人のミモレットさんとおいしい焼き鳥を堪能しました。
場所は京橋駅からすぐの明治屋さんの近くにあります。京橋の地下鉄の階段を上り、明治屋さんまで来ると、香ばしい香りに包まれ、そのよい匂いをたどればこの写真の場所まで案内してくれます。
180951_2
いなくみさ~ん残業がはいっちゃったの。とメールをいただいたので、ひとり、ビールを堪能(笑)
瓶ビールはやっぱりおいしいね。適温ですし。
180949_2
お店には伊勢廣さんをこよなく愛した和田博温(ワダヒロハル)さんの素敵な絵が飾られています。 
和田さんはdancyuなどにお酒にまつわるお話を執筆されておりました。本業は酔い酔い絵師。
ひとりでお店でボーっとビールを飲んでいると、今後ひとりになってシルバー世代になり夕方ふらりと風情のあるお店に立ち寄ってお酒と焼き鳥をつまむ、そんな楽しみ方も楽しそうだと思いました。
そのためには健康でいなければいけませんね。
伊勢廣さんにはひとりでいても楽しめるそんな空間があるのですね。
ひとりぼ~っと楽しんでいたら、ミモちゃん登場。お久しぶりですが充実した人生を過ごしているお顔がうれしいです。
近況を話し合い、コースの焼き鳥を思う存分いただいていると伊勢廣の星野さんがお忙しお仕事の合間にいらしていただきました。
焼鳥の塩加減とお酒のおいしいこと。
そして最後はお決まりの記念写真をパチリ!!
江戸っ子に囲まれたミーハーな東京っ子。
180950
楽しくておいしい時間をありがとうございました。ひとりでも仲間とでも楽しい有意義な時間でした。
高層ビルが立ち並ぶ中、ひと際美しい鳥が舞っておりました。
180953
伊勢廣さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«揚げない簡単焼きだし豆腐